事故車下取りのディーラー依頼は絶対損!廃車を新車に換える裏技とは

Pocket

大切な車が突然の事故に・・・

いくら日々の安全運転を心掛けていても、
誰にでも事故は起こり得るものですが、

万が一、事故に遭ってしまった時、一番大切なのはケガ人がいないこと。
そして、警察や保険会社への連絡するといった対応はもちろんのこと、

次に重要なのが、事故を起こした車を、いかに処理するかってことですね。

そして、その対応は、車の損傷がそれほどじゃない場合と、
逆に、大きな損傷を受け、廃車にせざるを得ない場合でも違ってきますし、

しかも、車の事故の状態によって、依頼先の判断を誤ると、
実は、とても損してしまうことを知っていますか?

ここでは、「事故車下取りのディーラー依頼は絶対損!
廃車を新車に換える裏技とは」について詳しく書いています。

「車の下取りをディーラー以外に依頼するなんて信用出来ない」

「廃車の下取りは基本ゼロなのが当然でしょ?」

確かに、今まで車の下取りと言えば、全てディーラーだったとすれば
そう思うでしょう。

私も、やはり、車のことなら、なんでも任せて安心なのが、
ディーラーだと思っていましたからね。

でも、事故車の下取りだけは、ディーラー任せにしない方が
絶対にいいってことを、ぜひ知って欲しいのです。

突然の事故に遭い、事故車を修理すべきか廃車にすべきか?
また、どこへ依頼すべきか悩んでいる・・・

この記事が、少しでも、あなたのためになれば幸いです。
ぜひ、最後までお読みくださいね。

事故車を下取りに出す前に知っておこう!【事故車の定義と基準とは?】

車で事故を起こせば、例え車が廃車になるような大きな事故でも、
また、車の走行に支障が無い軽微な事故でも、同じ事故扱いになりますが、

では、事故を起こした車が、全て事故車扱いとなるのかというと、
実は、そうではありません。

私の場合、最近、雨の降る夜の高速で、新車で購入して約2年の
ホンダヴェゼルを、スリップによる事故で廃車にしてしまったのですが、

車の骨格となるフレームまでダメージを負っていたので、
このような車を修理した場合は、事故車(正式には修復歴あり)となります。

しかし、例えば、ドアを壁に擦ってしまった、ぶつけてしまったなど、
ドアの修理や板金塗装で修復可能な場合は、車の骨格までダメージが無いため、

よって、車本来の走行などに支障が無ければ、事故車(修復歴あり)の
車にはならないことを、知識として知っておくべきですね。

なぜなら、そのことを知らないと、ディーラーによっては足元を見て、
事故車じゃないのに事故車として査定する場合もあるので注意が必要だからです。

という私も、今回事故を起こすまでは、事故車の定義と基準について
よく理解しておらず「事故を起こした車=事故車」と思っていたくらいでしたから。

では、ここでは、事故車(修復歴あり)の定義について見てみましょう。

事故車の定義と基準とは?

事故車の定義と基準として、以下の箇所を修理、交換した履歴がある車は、
事故車(修復歴あり)と判断されます。

● フレーム
● クロスメンバー
● フロントインサイドパネル
● ピラー (フロント、センター、リアー)
● ダッシュパネル
● ルーフパネル
● フロアパネル
● トランクフロアパネル
● ラジエターコアサポート (交換のみ)

※より、事故車の定義と基準について調べたい場合は、
日本自動車査定協会の修復歴判断基準をご確認ください。

いかがですか?

簡単に言ってしまえば、車のフレームなどは、人に例えると骨格の部分となるので、
それを骨折してしまったりすると日常生活に支障をきたすように、

車の場合も、車の骨格を損傷したり、曲がってしまえば、車の走行に支障が出るため、
それを修理した車が事故車(修復歴あり)と考えれば分かりやすいかも知れませんね。

では、ここからは、この記事で一番お伝えしたい、事故車の下取りを
ディーラーへ依頼するのは絶対損である理由について、お話しして行きます。

事故車の下取りをディーラーへ依頼するのは絶対損な理由とは?

事故車の下取りをディーラーへ依頼するのは損だと言われても、
「それじゃ、どうすればいいの?」と、思いませんか?

なぜなら、ディーラーは、車のことであれば何でも安心して任せられますし、
また、事故で廃車になった車に値段など付くはずが無い・・・

というのが、確かに今までの常識だったかも知れませんし、
私も、そのように思っていましたからね。

もし、新車で購入し、自動車保険で「新車特約」という、新車時に廃車に
なった場合でも、新車価格を保証してくれる保険に入れる内はいいのですが、

問題なのは、購入してから数年経った車が事故で廃車になった場合、
下りる保険額が年々下がってきているので、

そのため、いざ、車を買換えようとしても、結構な額の負担をしないと、
また、同クラスの車に新車で乗換えるのは結構困難です。

私も、実際、先にお話したとおり、事故で購入して2年の
ホンダヴェゼルを事故で廃車にしてしまい、

購入したディーラーへ持ち運ばれたところ、その修理代は何と120万円!
また、下取りを考え見積を取ったところ、査定額はゼロ。

しかも、廃車費用までかかると言われたので、
「これじゃ、値段の安い中古車にするしかない」と思いましたからね。

しかし、確かに事故で車を廃車にしてしまったのは、自分に非があるとは言え、
車を失うばかりか、その価値までマイナスになることに納得出来なかったんです。

そんな時、思い出したのが、廃車買取専門店のこと。
なぜなら、最近、会社の社有車である、トヨタハイエースを売却したのですが、

そのハイエースが、かなり古く走行距離が多かったのにも関わらず、
海外で需要が高い車だということで、高額で買取られたことを思いだしたのです。

「これなら、自分の廃車でも高く売れるかも・・・」そう思い、
早速、その買取専門店に問い合わせたところ、事故車も専門にしていることが分かり、

なんと、事故で廃車になったヴェゼルに、40万円もの値段が
付くことが分かり、本当にビックリ!

また、ディーラーからの引取り費用や、廃車代行の手続きも完全無料ですし、
しかも、ディーラーでは普通ない、自動車税等の還付まで受けられたので、

また、新車のヴェゼルに乗換えることが出来たんですね。

では、なぜ、事故車買取専門店では、廃車でも高価買取が
出来るのか・・・その理由を聞いたところ、

何と、買取した車を、廃車へのニーズが高い海外への国々へ
輸出販売するネットワークがあるからだって言うんですね。

だからこそ、私の事故で廃車にしたヴェゼルはもちろんのこと、
会社のハイエースも高価で買取してもらえた理由が分かったんです。

その反面、ディーラーにおける下取というのは、新車購入時に
今まで乗ってきた車を買取ることであり、

そのため、比較的新しく、走行距離も相応な車であれば、
それなりの値段が付くものの、

その反面、事故車などは、下取しても販売するネットワークが無いため、
そのまま、廃車にしてしまうしか手段がないため、値段が付かないのです。

こういったことから、私の場合、ディーラーで廃車扱いとなった車を
先にもお話しした、事故車の買取専門店へ依頼したことで、

ディーラーで査定ゼロだった車が、何と40万円になったのですが、
その事故車買取専門店はどこ?と言いますと、「事故車買取シェアNo.1のタウ」です。

出典 tau-reuse.com

事故車の下取り以外の方法で、廃車から新車へ乗換える裏技とは?

車が、突然の事故などで廃車に・・・

そんな場合、その多くは、ディーラーに廃車を依頼するものの、
その下取は基本ゼロなばかりか、廃車費用まで請求されてしまいます。

そのため、事故による全損扱いのため、保険が戻って来たとしても、
次の車を購入するためには追い金が必要になるため、経済的に負担になりますし、

場合によっては、上記の理由から、廃車にした車よりグレードを下げたり、
また、値段の安い中古車にせざるを得ないなど、

事故による妥協の車選びが今までの常識だったかもしれません。

しかし、このような場合、事故車買取専門店のタウへ依頼すれば・・・

事故車を買取り、海外へ輸出し販売するネットワークがあるため、
ディーラーでは到底出来ない、高価買取が可能なんですね。

そこで、見ていただきたいのが、
下記の、タウへ事故車買取を依頼した場合の例なのですが・・・

出典 tau-reuse.com

このように、買取金額が80万円、税金還付が5万円の
合計85万円という大金が、タウへ依頼すれば戻ってくるものの、

ディーラーへ依頼した場合、85万円も損してしまうことになりますので、
この差は、本当に歴然ですよね。

よって、タウの事故車買取なら、今までの常識で考えれば、
諦めざるを得なかった、新車への乗換えも可能になって来るんです。

いかがですか?

タウの事故車買取を知ってしまうと、
もう、ディーラーなどに依頼する気にもなれませんよね。

事故車の下取りは高価買取のタウへ!まずは20秒で出来る無料査定から

では、ここからは、タウへ事故車の無料査定を依頼する方法についてお話しますが、
タウの公式サイトの「事故車無料査定フォーム」から申し込みます。

「事故車無料査定フォーム」に入力する内容はと言いますと・・・

事故車の状態や車種、名前や住所、電話番号といった基本的な情報について、
僅か20秒ほどの簡単な入力で無料査定の依頼が出来ますので、

まずは、気軽にディーラーの下取り額と、
タウの買取額を比較することをおススメします!

タウの事故車無料査定フォームはコチラから⇒

事故車の下取りはディーラーじゃなく、タウへ依頼し新車へ乗り換えよう!

ここまでは、事故車の買取を専門とするタウと違い、

ディーラーでは「事故車を下取り販売するネットワークがない」ため、
事故車へ値段を付けて買取すること自体が無理というお話しをしてきましたが、

タウの事故車買取は、ディーラーと違い、事故車だから
といった単純な理由だけで、そのまま廃車にするということはなく・・・

買取った事故車を、販売ネットワークを活かし海外に輸出したり、
また、車を解体してパーツをリユースするノウハウが豊富なので、

ディーラーなどでは絶対に不可能な高価買取を可能としているのです。

これらのことから、タウの事故車買取は・・・

「事故車買取のネットワークが確立している」からこそ、
ディーラーでは出来ない高価買取が大きなメリットだと言えますね。

今までお話ししてきたように、事故車の買取を依頼するなら、
「事故車買取シェアNo.1のタウ」です。

査定も無料ですし、売却する際のレッカー車での引取や手数料も全て無料。
これはもう、使わない手はないですね。

タウの事故車買取について公式サイトを見る⇒

もちろん、値段を聞いて納得してから依頼できるので安心ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする