廃車に関わる手数料が一切無料!今、業界で1番人気の廃車買取専門業者はこれ
廃車に関わる手数料が一切無料!今、業界で1番人気の廃車買取専門業者はこれ

2018年度のご相談実績は54,000件を突破!

 

走行距離10万キロ以上でも、動かなくても、事故車でも、どんな車でも高価買取保証。
「女性や年配の方にも安心してご利用頂ける。」がコンセプト!

 

廃車がお金になる!ディーラーで査定ゼロの車でも高価買取可!

理想の廃車買取ならハイシャルへ

 

まずは僅か20秒で依頼出来る無料査定から!!
↓↓↓公式サイトはコチラをタップ↓↓↓

事故車が査定落ちでも大丈夫!“すぐにでも”できる意外な対策とは?

Pocket

突然、車の事故に遭ってしまった、
巻き込まれてしまった・・・

普段、安全運転を心掛けていても、
誰もがいつ、事故に巻き込まれるか分からないものです。

そんな場合、もちろん、事故によるケガなどが無いのが
一番大切なことなのですが、

次に問題となってくるのが、
事故を起こした車を、どう処理するかです。

起こした事故が自損事故だったり、自分で車をぶつけて、
破損してしまった程度なら、保険を使えば解決できますが、

問題なのは、車同士の事故であり、その中でも損傷が酷く、
全損扱いとなったり、査定落ちになると、

保険会社に修理費を請求しても、
納得できる額を保証して貰うのはとても困難です。

とは言っても・・・

「自分はしっかりした保険に入っているから大丈夫」

「事故のことはディーラーに任せておけば安心」

と、思っていませんか?

実際、私も、事故に遭うまではそう思っていましたが、
私がここでお伝えしたいのは、車の事故は、全て保険会社やディーラー任せにせず、

自分でも正しい知識を持っていないと、交渉が進まないところか、
査定落ちすら認められず、損することになりかねないということです。

ここでは、事故車が査定落ちでも大丈夫!
“すぐにでも”できる意外な対策とは?についてお話しています。

・事故に遭い、査定落ちが認められず困っている

・査定落ちが認められたものの、金額に納得がいかない

・全損扱いの場合、査定落ちは認められないのか?

この記事が、このような悩みを抱えているあなたのために
少しでも、お役に立てれば幸いです。

ぜひ、最後まで、お読みくださいね。

事故車が査定落ちとなる基準を知っていますか?

この記事を書いている私も、最近、片側二車線の国道を走行中に、
突然、車線変更をして来た車に追突され、

愛車のトヨタSAIの右側面へ損傷を受け、事故の解決まで
だいぶ苦労したという経験をしたのですが、

その際、車の骨格部分となるピラー(車両の屋根を支える柱の部分)
の補修まで必要な修理だったため、事故車扱いとなってしまい、

事故車として査定落ち(評価損)となってしまうことが分かり、
保険会社に請求したのですが、そう簡単に認めてはくれませんでした。

そこで、まず、知って欲しいのは、事故を起こした車全てが
修復歴ありの事故車となるわけではなく、その基準があるということです。

事故車が査定落ちとなる修復歴ありの車とされる基準とは?

事故車扱い(修復歴あり)の車とされる基準は、
以下の箇所を修理、交換した履歴がある車になります。

● フレーム
● クロスメンバー
● フロントインサイドパネル
● ピラー (フロント、センター、リアー)
● ダッシュパネル
● ルーフパネル
● フロアパネル
● トランクフロアパネル
● ラジエターコアサポート (交換のみ)

※より、事故車の定義と基準について知りたい場合は、
日本自動車査定協会の修復歴判断基準をご確認ください。

見ていただければ分かるかと思いますが、
修復歴ありの事故車となる基準は、

フレームや、私も経験したピラーなど、損傷すると車の走行や安全に関わる、
車体の骨格に当たる個所を修理交換した車のみとなるんですね。

よって、軽い事故や接触などで、ドアやボンネットを
修理、交換したといった程度の場合は、

車の骨格まで関わるものではないため、
実は、修復歴ありの事故車には該当しないんです。

このことを、ぜひ、知っていて欲しい理由は、
保険会社との交渉で必要になるケースがあることと、

ディーラーの担当者によっては、ユーザーの無知に付け込み、
修復歴ありの事故車に該当しない車でも、

事故を起こした車だから事故車であると一方的に決め付け、
不当な査定額を提示してくる場合もあるので、注意が必要なんですね。

では、残念ながら、修復歴ありの事故車に該当してしまった場合、
その評価損を、加害相手や保険会社に請求することは可能ななのでしょうか?

事故車が査定落ちとなり、評価損を加害者に請求する方法とは?

評価損を加害者に請求することは、基本的には可能なものの、
私の経験からもそうでしたが、示談交渉はとても困難だと思ってください。

なぜなら、保険会社によっては、示談交渉の段階で
評価損を一切認めない会社もありますし、

もし、認められたとしても、とても制限的な場合もあり
そのため、保険会社との交渉が揉めたり、進まないことが多いですね。

よって、保険会社に評価損を認めさせるには、物的証明を
持って交渉する必要がありますが、

そもそも、評価損とは、どのようにして計算されるのでしょうか?
その具体例は、下記のとおりです。

① 事故前の車の価格から修理後の車の価格を控除する方法

② 事故前の車の価格の○%とする方法

③ 修理費の○%とする方法(修理費の30%程度とすることが比較的多い)

上記の①については、JAAI(日本中古自動車査定協会)
へ依頼し、「事故減価額証明書」を発行してもらえば、

事故車の査定額がどれくらい下がるかの証明になりますので、
評価損の具体的な金額を決定するための資料となりますね。

JAAIの支部は、47都道府県にありますので、
あなたのお住まいの地区の支部へ依頼することとなりますが、

事故減価格証明書の発行手数料は、車の大きさにより、
5,250~13,755円、出張査定の場合は、4,200円がプラスとなります。

しかしながら、「事故減価額証明書」を発行して貰っても、
それより低めの評価損で決定される場合も多く、

実際のところは、③ の計算方法を用いて、修理費の30%程度で
評価損が決定される事例が多いようです。

では、次に、事故車の評価損が認められにくいケースについても
紹介しますが、それは、下記のとおりとなります。

①初度登録からの期間 

 輸入車:5年以上、国産車(人気車種):3年以上

走行距離

 輸入車と国産車の人気車種:6万km以上、国産車:4万km以上

③損傷の部位

 JAAI(日本中古自動車査定協会)が示している、
修復歴ありの事故車となる判断基準を満たさない場合

④車種

 国産大衆車、原動機付自転車

このように、初年度登録から数年経過し、走行距離もそれなりの車や
コンパクトカーなどは、評価損が認められにくい傾向にあり。

また、新車と中古車を比較しても、評価損には大差はなく、
高級車など、車両価格が高価なほど、評価損は大きくなる傾向があるようです。

ちなみに、評価損とは、事故を起こした車の価値の下落を保証するものであり、
全損扱いの場合は認められないので注意しましょう。

事故車の査定落ちを保険会社へ認めさせるには?

事故車の査定落ちによる評価損を認めさせるには、
今まで紹介してきたとおりの基準があり、

保険会社によっては、登録後1カ月以内の車にしか認めないなど、
その支払いにはとても消極的なのが実情なんですね。

だからと言って、保険会社の担当者へ凄んだり、加害者本人に
直接交渉しても、話が拗れるだけなので、絶対に止めましょう。

では、ここからは、保険会社と評価損について交渉する
資料の揃え方やテクニックについてお話しますが、

具体的には、下記の①~③のとおり交渉すると
良いとされています。

①価格落ちを認めない理由の提示を求める

 保険会社の基準により評価損を認めないという場合は、その基準を示した
文書の提出を求める。
※実際には出して来ないはずですが、求めることに意義があると思ってください。

JAAI(日本中古自動車査定協会)が発行する証明書を提示する

 信頼のおける第三者機関より発行された「事故減価額証明書」を保険会社へ
提示することにより、客観的な証拠となる。

③修復歴が「ある」「なし」の中古車の価格差を集計し提示する

 事故を起こした車と同程度(車種・年式・走行距離・車検残など)を、
ネットや中古車情報誌などから調べ、修復歴があるかないかでの価格差を
集計し、客観的事実として提示する。 

この例でお話したように、資料や証拠を持って、粘り強く交渉して行けば、
保険会社から、解決への何かしらの具体策が示されるかも知れません。

しかし、保険会社にとって、基本的に評価損は認めたくないもの・・・
それは、会社として、お金を払いたくないからであり、

そのため、被害者側からの言い分をかわすためのロールプレイングの
練習もかなりしているとも言われているくらいなので、

もし、下記のような言い分で、なかなか評価損を認めない場合は、
このように反論してみると、何かしらの進展があるかも知れませんね。

①「新車で購入から半年以内しか評価損の請求は認められません」

 保険会社の、半年以内しか評価損を認めないという基準を示した文書の提出を求める。
※実際には出して来ないはずですが、求めることに意義があると思ってください。

②「今すぐ売却するんですか?しないのであれば認められません」

 今すぐじゃなく、事故発生からいつまで売るなら認められるのか、保険会社の
基準を求める。

③「修理してから問題がないし、価値が下がるかどうかも分かりませんよね」

 問題がないとか、価値が下がるかどうかとか、査定士でもないのに、どうして
そんな判断が出来るのか、その基準を文書で求める。 

いかがでしょうか?

保険会社も、評価損を認めたくないために、言い分を考えてはいるようですが、
その内容には、矛盾点も幾つかあり、そこを突いて行けばいいわけですし、

また、ここまで交渉すれば、保険会社としても無視し続けることも出来ず、
もし、少しでも譲歩するような進展があれば、成功と言えるかも知れません。

しかし、評価損の認定というのは、どうしても保険会社や
担当者次第というところもあり、どう転ぶかは分からないばかりか、

いくら交渉しても、個人の力では、どうにもならない場合、
活用できるのが、自動車保険の弁護士費用等特約の利用です。

弁護士費用等特約の利用のメリットは、個人の力では
なかなか難しい事故の解決だけではなく、

評価損の請求の基準が、下記のように個人と弁護士では
そもそも違うため、より高い金額が認められやすくなります。

① 自賠責保険基準(個人で請求する場合の基準、最も額が低い)

② 任意保険基準(任意保険会社が独自に設けている損害賠償の基準、額は中間)

③ 裁判所基準(弁護士会の「損害賠償額算定基準」に基づくため、最も額が高い)

このように、弁護士費用等の特約を利用することによって、
個人で交渉するより、評価損が増額する可能性が高くなりますが、

保険会社や、自動車保険の特約によって、その内容が異なる場合が
ありますので、利用する前に下記の点に注意してくださいね。

① 自身の自動車保険に「弁護士費用等の特約」が付いているか確認する

②「弁護士費用等の特約」が付いている場合、評価損について納得できない場合など
裁判を起こす場合、その費用を保険で賄えることが出来る。
※保険会社によって費用の上限等があります。

③「弁護士費用等の特約」の利用によって、等級が下がることはない

しかし、それでも、評価損の額について交渉が難航したり、
また、弁護士費用等の特約に入っておらず、個人での交渉に行き詰った時など、

次の解決策として、事故車が査定落ちでも、高価を売却し、
お金を得る方法もありますので、次に紹介します。

事故車が査定落ちでも高く売れる裏技とは?

ここまでは、事故車で査定落ちになった場合でも、
評価損が認められる基準や、

保険会社との交渉方法、弁護士特約費用特約の活用など、
様々な方法について紹介してきましたが、

基本的に、評価損を保険会社に認めさせるというのは
なかなか厄介なものであり、

もし、認められたとしても、
希望の額まで届かない場合も多いのですが、

このように、交渉が難航しそうな場合は、
事故車を売却しお金を得るという方法もあります。

「事故車が売れるの?」と、少し、意外に思うかもしれませんが、
そんな場合は、事故車買取専門業者へ依頼すれば大丈夫です。

とは言っても、やはり、いつも車のことを任せている
ディーラーへ売れば安心・・・と思うかもしれませんが、

事故車の売却だけは、ディーラー任せにすると
本当に損するので止めた方がいいですね。

実は、私も、当初、事故を起こしたSAIの評価損が、
保険会社よりなかなか認められず、

もう、これ以上交渉してもしょうがないと思い、
思い切ってディーラーへ下取りし、新車へ買換えようと思ったのですが、

ディーラーでの査定額はゼロで、廃車にすることを勧められたばかりか、
その費用までかかると言われてしまったんですね。

なぜ、事故車だと査定がゼロになるのか・・・
その理由を、担当のセールスマンに聞いてみたところ、

ディーラーで行われる買取りと言うのは、基本的に、
新車への買換えの際に、今まで乗ってきた車を下取りすること。

というのも、ディーラーを経営する販売会社では、
大抵、下取りした車を中古車として販売する店舗を持っているため、

中古車として人気の高い、修復歴が無く、高年式で走行距離が少なめ
といった車は、比較的高価で買取してくれるものの、

その反面、事故車や、低年式で走行距離が多いといった車などは、
販売する手段が無いため、買取自体出来ないため、

そのまま、ユーザー負担で廃車にするしか
手段が提案出来ないっていうわけなんです。

「このままじゃ、新車への買換えは無理だな・・・」
と、諦めかけていたところ、

セールスマンが教えてくれたのが、事故車のSAIを
事故車買取専門業者へ売却する方法だったんです。

ディーラーで査定ゼロだと言われた事故車を
本当に買取って貰えるのか、最初は半信半疑だったのですが、

セールスマンが言うには、事故車買取専門業者では、
買取した車を、海外へ輸出し販売するルートを持っているため、

過去に、私のような、事故車のため値段が付かず困っている
お客さんに、何度か紹介しているってことなんです。

事故車買取専門業者へ依頼するのは初めてで、少し不安でしたが、
セールスマンが勧める業者なら問題ないだろうと思い、

その会社のホームページから、無料査定を依頼したところ、
何と、45万円の値段が付くことが分かり、本当にビックリ!

しかも、レッカー車による引取り費用や、
廃車手続きの代行費用も完全無料ですし、

自動車税の還付まで受けられることが分かり、
これなら、事故による評価損が認められなくても、

保険会社から支払われる修理代と、買取額や
自動車税などの還付金を頭金にすることによって、

新車のマークXに乗換えることが出来たので、
今回は、事故車買取専門業者へ依頼し、本当に良かったと思っていますが、

私が、実際に依頼した、事故車買取専門店はどこ?と言いますと、
「平均買取額35万円・事故車買取シェアNo.1のタウ」です。

出典 tau-reuse.com

事故車が査定落ちでも心配なし!それが事故車買取シェアNo.1のタウです!

先にお話しました、私の体験からも知っていただけたかと思いますが、
事故車買取シェアNo.1のタウへ買取を依頼すれば、

例え、保険会社との交渉により、事故による評価損を認められなかったり
また、決して満足の行く金額にならなかったという場合、

そして、ディーラーで事故車のため、査定ゼロの場合でも、
海外へ輸出販売するネットワークを活かした高価買取が可能なので、

あなたの車の価値を最大限に引き出した上での
売却が可能なんですね。

下記の例は、タウへ、事故車の買取を依頼した一例なのですが・・・

tau-reuse.com

このように、タウなら事故車でも、80万円という高価買取が
可能なケースも多く、また自動車税などの還付も受けられますが、

もし、ディーラーへ事故車の処理を依頼したとなると、
買取額の80万円と、自動車税の還付を受けられなくなるばかりか、

平均して、4万円~6万円もかかると言われる、
廃車費用まで負担することになり、

そのことが、次の車を購入際に、経済的な負担が増すばかりか、
車のグレードを下げたり、値段の安い中古車にするなど、

事故によって、妥協に車選びをせざるを得ない・・・
そんな状況にもなりかねません。

しかし、このような場合でも、
タウへ事故車買取を依頼すれば、その悩みは解決されますが、

タウの事故車高価買取のことを知っているか否かで、
事故後のカーライフに大きな影響が出る・・・

これは、紛れもない真実ですし、
そのことを、ぜひ、知って欲しいのです。

タウの事故車買取について公式サイトを見る⇒

事故車の査定落ちを防ぎたいなら「タウの簡単20秒無料査定」の利用から!

では、ここからは、タウへ事故車などの
廃車買取を依頼する場合の方法についてお話ししますが、

タウ公式サイトより、車のメーカーや車種、年式等といった
僅か20秒ほどの必要事項の入力のみで申込出来ますので、とても簡単ですし、

また、依頼後の流れは、下記のように簡単な5ステップのみです。

1.仮査定 「車の年式や損傷状態をヒアリングし仮査定額の提示」

2.本査定 「無料出張査定により正確な査定額の提示」

3.契 約 「売買契約書の締結及び必要書類の記載」

4.引 取 「レッカー車による引取(無料)」

5.支 払 「買取代金の支払い及び税金の還付等」

上記のように、査定からレッカー車による引取、手数料は全て無料ですし、
初めての場合でも、担当者が丁寧かつ迅速に対応してくれますので安心ですね。

また、廃車によって返金される自動車税などについても、
オペレーターに問い合わせたり、

タウ公式サイトでも、あなたの車の返金(還付金)が
いくらになるか、すぐに分かるようになっています。

また、タウの営業時間外で、
急に担当者と連絡を取りたいといった場合でも、

タウでは24時間受付の専用窓口があり、
いつでも廃車買取に精通したオペレーターに相談出来るので安心ですね。

タウの事故車買取について公式サイトを見る⇒

事故車の査定落ちがタウならプラスになります!

この記事では、事故車の査定落ちによって、
もし、評価損を認められない、

または、満足が行かない金額でしか認められなかった、
交渉が難航して困っている・・・

しかし、いくら事故車でも、それは貴重な財産であり、
その価値を本当に守れるのは、誰でもなくあなたであり、

その価値は、ディーラーなど他人任せにせず、
ちょっとした知識を持つだけで、断然違ってくるんですね。

そして、そのための、もっとも有効な手段として、
事故車の買取りはディーラーではなく、事故車買取専門業者へ依頼すること。

そして、数多くある、事故車買取専門業者の中でも、
海外へ輸出販売するルートを持ち実績のあるタウを紹介してきましたが、

こういった理由から、タウの事故車買取は・・・

「事故車買取のネットワークやノウハウが豊富である」からこそ、
ディーラーでは出来ない高価買取を実現していることがメリットだと言えますね。

以上、ここまでお話ししてきたように、事故車の買取を依頼するなら、
「平均買取額35万円・事故車買取シェアNo.1のタウ」です。

査定も無料ですし、売却する際のレッカー車での引取や手数料も全て無料。
これはもう、使わない手はないですね。

タウの事故車買取について公式サイトを見る⇒

もちろん、値段を聞いて納得してから依頼出来ますので、
まずは、気軽に無料査定を依頼することをおススメします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする