事故車の判断基準を知り20万以上得する“すぐにでも”できる裏技

Pocket

「一度でも事故を起こしたことのある車は事故車になる・・・」
漠然とこのように思っていませんか?

実は、中古車業界では、事故車という言葉自体がなく、
正式には、修復歴車と言うのですが、

修復歴車となる判断基準自体が、ユーザーや、中にはディーラーの
セールスマンすら知られていないのが現状ですし、

それを知っているか否かで、下取り時など
買取り額が20万以上も差が出ることもあるんです。

とは言っても・・・

「事故車の判断基準は、ディーラーに任せるのが一番」

「事故車は価値が無いのが当然でしょ?」

普通なら、確かにこのように思うでしょう。

しかし、事故車の判断基準を知ることで、
ディーラーより高く売る方法があることを知って欲しいのです。

ここでは、事故車の判断基準を知り20万以上得する
“すぐにでも”できる裏技について書いていますので、

・ディーラーで事故車と判断され、下取額がつかず困っている

・ディーラーの下取り査定額に納得がいかない

このような悩みを持つあなたへ、
この記事が少しでも参考になれば幸いです。

ぜひ、最後まで、読んでみてくださいね。

事故車の判断基準を知っていますか?

先にもお話したとおり、事故車扱いとなる車は、
正確には修復歴車と言うのですが、

その判断基準となる定義は、社団法人日本自動車査定協会により
詳しく定められています。

とは言っても、その内容は特に難しいことはなく、
車の骨格部分となるフレームなどの修理をしているか否かで判断されるのですが、

ディーラーのセールスマンでも、事故車と修復歴車の
区別について分からない人も結構いるんですね。

事故車とは、どこからが修復歴車になるのか・・・
それは、社団法人日本自動車査定協会により基準が定められているのですが、

ざっくりとその違いを言いますと、事故によって、
車の骨格部分となるフレームなどを修復した車が修復歴ありの車となり、

バンパーやドアの交換のみなど、車の骨格に関わらない個所のみ
修復した車は、該当しないんですね。

という私も、この記事を書く前までは、
「事故を起こした車=事故車」だと思っていたのですが、

少し前に、自宅の車庫で右前のドアをぶつけてしまい
交換したことのある約10年落ちのトヨタノアの買換えのため、

購入したディーラーで下取りの査定を依頼したところ、
その査定額は何とゼロ・・・

「いくらなんでも、査定ゼロはないでしょう」と
セールスマンに迫ったのですが、

「この車は、ドアを交換しているから事故車扱いとなるので
値段がつかないんですよ」の一点張り。

そんな時、ディーラーの駐車場の奥で、ボンネットまで
捲れ上がった、紺色のトヨタSAIを見つけたんですが、

ドアを交換しただけの私のノアと、
ボンネットが捲れ上がった誰かのSAIを比べてみて、

明らかに事故の程度が違うのに、同じ事故車扱いに
なってしまうことに疑問を持ち始めたのですが、

詳しく調べてみると、何と私のノアは
以下の判断基準から、事故車には該当しないことが分かったんです。

事故車となる判断基準とは(修復歴車となる場合)

事故車(修復歴車)と判断される基準は、以下の箇所を
修理、交換した履歴がある場合となります。

● フレーム
● クロスメンバー
● フロントインサイドパネル
● ピラー (フロント、センター、リアー)
● ダッシュパネル
● ルーフパネル
● フロアパネル
● トランクフロアパネル
● ラジエターコアサポート (交換のみ)

※より、事故車の定義と基準について知りたい場合は、
日本自動車査定協会の修復歴判断基準をご確認ください。

いかがですか?

上記の事故車扱いとなる判断基準を見ていただければ
良く分かるのですが、

私のノアは、ドアの交換のみなので事故車(修復歴車)
にはならないのですが、

ディーラーにあったSAIは、ボンネットが捲り上がっている
状態でしたので、恐らくフレームまで損傷を受けているはずであり、

このような場合は、事故車(修復歴車)と
判断されるべきなのです。

では、逆に、事故車(修復歴車)と判断されない
基準についても書いておきますね。

事故車とならない判断基準とは?(修復歴車にならない場合)

以下の個所を修理したのみの場合は、
事故車(修復歴車)と判断されません。

●フロントバンパー
●ロアスカート
●フロントフェンダー
●ボンネット
●リアフェンダー
●トランクリッド
●リアバンパー
●サイドシルパネル
●ドア

上記の例を見ていただければ分かるのですが、
事故を起こしても多くの場合、事故車(修復歴車)にはなりません。

よって、事故車(修復歴車)とされる判断基準を知ることで、
不当に値段を下げられたりといったことを防げるわけですし、

ディーラーのセールスマンとの交渉も、
下記の例のように変わってくるはずです。

●事故車(修復歴車)の判断基準を知っていない場合

(セールスマン)
「この車は、ドアを一度交換しているので事故車ですね」

(あなた)
「そう、交換しているんですが、一度修理しているので、事故車になりますよね?」

(セールスマン)
「そうですね、事故車だから査定も減額になりますね」

このように、このセールスマンは、お客の無知に付け込み、
減額して来るでしょう。(本当はダメなんですがね)

●事故車(修復歴車)の判断基準を知っている場合

(セールスマン)
「この車は、ドアを一度交換しているので事故車ですね」

(あなた)
「確かにドアは交換したけど、ピラーまで修理してないから事故車じゃないでしょ?」

(セールスマン)
「あっ、そうですね、それじゃもう一度、査定額を出し直しますね」

上記の例のように、事故車(修復歴車)の判断基準を知っていれば、
セールスマンも「このお客さんは侮れないな」と思うはずですし、

きっと、それなりの査定額を出してくるはずなのですが・・・

そもそも、事故を起こしたことのある車を
ディーラーへ査定額を期待する方が無理なんです。

その理由については、もう少し後で詳しくお話しますが、
それは、ディーラーならではの事情が関係しています。

では、修復歴ありの車の場合、下取りなどで査定されると
どれくらいの減額となるのでしょうか?

事故車(修復歴車)と判断されるといくら減額されるのか

事故車(修復歴車)と判断された場合、
下取り等の査定時に、いくら位減額されるかご存知ですか?

この基準についてもあまり知られていないのですが、
一般的に下記のように言われています。

●普通車の場合  30万円~50万円程度

●軽自動車の場合 20万円程度

今では、フレーム等の修復技術も、コンピューター化により
かなり進化してきており、

しっかりと修理された車であれば、見た目にも、
また、走行性能等においても問題はないのですが、

残念ながら、事故車は中古車市場では、
価値が無い、縁起が悪いといった理由から遠慮されがちであり、

また、新車に近ければ近いほど、中古車としてのニーズが低いため
さらに減額される傾向があるのが現状ですし、

ディーラーでは、多くの場合、事故車自体を
中古車として扱わないこともあり、

そのため、いざ、事故歴のある車を下取りに出そうとしても、
値段が全然つかないことが多いわけなんです。

そう言われても、ディーラー以外に売却する
方法なんてあるの?と思うかもしれませんが、

そんな時に強い味方になってくれるのが、
事故車買取専門店の存在です。

事故車と判断された車を、20万円以上得する売り方とは?

事故車買取専門店と言うと、
CM等で一度は聞いたことがあるとは思いますが、

多くは「事故車の平成〇○年式の〇○(車名)を
何と〇〇円で買取りました!」といった内容ですよね。

とは言っても、ディーラーで値段がつかないのに
どうして事故車買取専門店だと値段がつくのか疑問に思いませんか?

どんな物にも、ノウハウをたくさん持つ
専門の買取業者へ依頼した方が高価買取を期待出来るように、

同じく事故車も、専門の買取業者へ依頼した方が
絶対に有利なんです。

では、事故車買取専門店では、ディーラーで値段がつかないような
事故車でも高価買取出来るのでしょうか?

その理由は、事故車へのニーズが高い海外へ
輸出販売する独自のネットワークを持っているからなんです。

日本の常識では考え難いことですが、
海外では、修理すればまだまだ走れる車だったり、

また、スクラップにするしかないような車でも、
残ったパーツをリサイクルするといったことが盛んなため、

海外に輸出することで、まだまだ車として価値があるため、
高価で買取りすることが出来るのですが、

一方で、ディーラーでは、事故歴が無く、また、程度も良くて
高年式で走行距離も少なめといった車であれば、

ディーラーの店頭や、販売会社が持つ中古車専門の店舗で
販売が出来るため、それなりの値段はつくものの、

事故車となると、買取して販売するといった
ネットワークが無いため買取り自体出来ないばかりか、

そのままユーザー負担で廃車にするという手段しかないため、
買取りの値段を期待すること自体が無理って言うわけなんです。

事実、私のノアも、修復歴車ではないものの、
ドアを交換した履歴がある車のため、値段がつかなかったんですね。

そこで思い出したのが、下記の広告だったんです。

出典 cmgroup-ziko.com

「費用はかけずに廃車がお金に!?」
こんな上手い話しないでしょうと、依頼する前までは思っていたのですが、

その広告には偽りはなく、ノアの買取額が27万円になったばかりか、
レッカー車による引取りや廃車費用も全て無料!

しかも、ディーラーでは普通行っていない
自動車税等の還付まで受けられたので、

戻ってきたお金を頭金にして、ミニバンを卒業し、
マツダのCX-5に乗換えることが出来たのですが、

私が実際に依頼した事故車買取専門業者とは、
「廃車手続き・レッカー無料のカーネクスト」です。

出典 cmgroup-ziko.com

事故車(修復歴車)と判断されても、カーネクストの無料査定から!

では、ここからは、カーネクストへ、
事故車の無料査定を依頼する方法についてお話ししますが、

その方法はとても簡単であり、カーネクスト公式サイトから、
買取りを依頼をしたい車の車種や年式といった基本的な情報を入力するだけ・・・

しかも、僅か20秒ほどで申し込めるので、本当に簡単で便利です。

また、無料査定の申し込み後の流れとしては、下記のように
簡単な5ステップのみ・・・これなら、初めての場合でも便利ですね。

1.問い合わせ、相談、無料査定のお申込み

2.ご成約後、車引取りの日程を決定

3.車の引取り(費用は一切無料!土日祝も対応)

4.必要書類の記入

5.書類到着後の抹消手続き(無料)、口座へのお振込み

しかも、先にもお話ししましたが、引取や手数料も完全無料。
また、引取については、土日や祝日でも対応可能ですし、

また、カーネクストの営業時間外でも専用の相談窓口を設けており、
いつでも廃車買取に精通したオペレーターへ相談出来るので安心です。

カーネクストの事故車買取について公式サイトを見る⇒

事故車の判断基準を知れば、買取りはカーネクストとなります!

この記事では、事故車の判断基準を知ることで
より有利に売却出来る方法や、

事故車だけはディーラーに売却せず、
事故車買取専門店へ依頼すべき理由についてお話してきましたが、

従来だと、事故車のため値段がつかず、買換えようと思っても
予算の関係で、車のグレードを下げるしかなかったり、

また、値段の安い中古車にするしかないといった
妥協の車選びを強いられてるのが普通だったものが、

カーネクストなら、海外への輸出販売への
ネットワークを活かした高価買取により、

ディーラーでは到底真似出来ない値段での
買取りが可能なんですね。

これらのことから、カーネクストの事故車買取は、

「事故車買取のネットワークやノウハウが豊富」だからこそ、
ディーラーでは出来ない高価買取が大きなメリットだと言えますね。

今までお話ししてきたように、事故車扱いの車の買取を依頼するなら、
「廃車手続き・レッカー無料のカーネクスト」です。

査定も無料ですし、売却する際のレッカー車での引取や手数料も全て無料。
これはもう、使わない手はないですね。

カーネクストの事故車買取について公式サイトを見る⇒

もちろん、値段を聞いて納得してから依頼できるので安心ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする