廃車で重量税還付が48,300円!最も簡単に受取る方法を完全公開

Pocket

毎日の生活に欠かせない車・・・
しかし、とても便利な半面、誰もが事故に遭うリスクがあるのも事実です。

そして、もし、実際に事故に遭ってしまった場合、
その多くは、購入したディーラーなどへ車が運ばれることになりますが、

もし、廃車にするしかない場合、その手続きをそのまま
ディーラーへ依頼してしまうケースがほとんどです。

確かに、ディーラーへ廃車の手続きを依頼するのは、
個人だと面倒だし、しかも安心かも知れませんが、

実は、依頼する側にとって損するケースが多いってことが
意外と知られていないことをご存知ですか?

実は、ディーラーへ廃車を依頼すると、その費用を請求されたり、
また、本来還付を受けられるお金も曖昧になってしまうのが一般的です。

そんな還付金の中でも、意外と知られていないのが
自動車重量税も還付を受けられるということ。

重量税とは、車を購入したり、車検時に支払う税金ですが、
ディーラー任せだと還付されないなんて納得できないですよね?

ここでは、廃車にして自動車重量税の還付を
“最も簡単に受取る方法“
について紹介しています。

「廃車手続きをディーラーなど以外へ依頼する方法なんてあるの?」

確かに、今まで車の買換えが全てディーラーだったらそう思うかもしれません。
しかし、実はもっと簡単でお得な方法もあることを知って欲しいのです。

ここでは、大切な車が事故などで廃車になってしまい、
次の車や、お金のことで不安になっているあなたへ詳しく書いています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

廃車になっても重量税の還付があることを知らないと損します!

実は、この記事を書いている私も、
最近、事故で愛車の日産フーガを廃車にしてしまった経験があります。

親父の代から、我が家はずっと日産党で、
廃車にしてしまったフーガも、最初の車検を通したばかりっだのですが、

幸いに事故による怪我などはなかったものの、ディーラーより
事故による損傷が大きかったので廃車を勧められたのです。

しかし、廃車扱いのため査定もゼロで廃車費用までかかることが分かり、
とても気に入っていた車なので、とてもガッカリしてしまいました。

馴染みのセールス氏より「もし、新車に乗換えてくれるなら廃車費用は
値引き分と相殺しますよ」という提案も受けたのですが・・・

高いお金を出して買った車が、事故で廃車になると価値がゼロになるばかりか、
しかも廃車費用まで請求されマイナスになってしまうことに納得がいかず、

ディーラーからの帰り道、妻の運転する車の中で偶然聞いたのが、
ある大手の廃車買取専門店のラジオCMでした。

そのCMでは「○○(車種)を何と、○○万円で買取しました!」と、
その買取例を紹介しています。

「自分の車でもお金になるかも・・・」

これなら、廃車になったフーガでも値段が付くかも知れないと思い、
早速連絡したところ、何と83万円で買取してくれると言うのです。

しかも、自動車税や自賠責保険だけじゃなく
重量税の還付手続きまで全て無料で代行してくれたのですが、

その重量税の還付額は、何と48,300円!

そのため、廃車の買取額と戻ってきた保険金へ還付金を頭金にして、
また、新車へ乗換えることに成功できたのです!

「本当にそんな上手い話し何てあるの?」
確かにそう思うかも知れませんが、これは、本当の話なんです。

では、ここからは、廃車になっても自動車重量税が
とても簡単に還付される方法についてお話ししていきますね。

廃車で重量税の還付を受けるためには、ディーラー任せにしない方がいいの?

では、なぜ、車が廃車になった場合、ディーラーなどでは
重量税の還付が受けられないのに、廃車買取専門店では可能なのでしょうか?

なぜなら、ディーラーなどでは、新車を購入する際に行われる下取額に
重量税還付金の相当額を上乗せする方法を取っています。

しかし、重量税は自動車税や自賠責保険の還付と違い、
廃車にする車を解体する「永久抹消」の場合じゃないと還付されません。

そのため、中には、車を解体せず、「一時抹消」して転売したり、
古くても海外で需要のある車などは輸出して「輸出抹消」にするなど、

本来、廃車を依頼する側に戻さなくてはならない還付金を
ちゃっかり利益にしている業者も結構あるとも言われています。

しかも、この下取の額を決める基準は、実は結構曖昧で
また、様々な条件で変動するものであり・・・

きっと、あなたも、ディーラーで車の買換えを経験しているなら
そう思ったこともあるかと思いますが・・・

・発表されたばかりの新車の場合、販売促進のため下取額が通常より上乗せされる

・ライバル車と競合した場合、値引き額に上乗せし下取額が高くなる

・車検時に買換えを勧められた場合、通常より下取額を高くすると言われた

このように、確かに曖昧に感じてしまう場合が多い下取額ですが、
上手に利用すれば得な場合もあります。

しかし、下取となる車が廃車になってしまった場合、
自動車税や自賠責保険の還付がないばかりか、

さらには、廃車手続きの費用を請求されたり、
新車を購入するという条件で廃車費用が値引き額と相殺されるなど、

本来なら還付されるはずの自動車重量税の扱いまでが曖昧になり、
結局は損したことになってしまうんですね。

しかし、廃車買取専門店へ買取を依頼すれば、車の買取り代の他に、
重量税まで還付されるようにしてはくれますが、

その方法は、下記のように、廃車買取専門店によって異なります。

・業者に無料で手続きを代行してもらい、還付分を買取額に上乗せする方法

・自分で手続きを行い還付を受ける方法

確かに、自分で手続きをする方が料金的にも明確だと思うかも知れませんが、
その場合、時間もかかりますし、また初めての場合など、とても面倒です。

しかし、廃車買取専門店へ廃車手続きの代行を依頼すれば、
全て無料で手間も一切かかりませんし、

自動車重量税の還付額を明確にしたうえで買取額に
上乗せされますので、安心かつ得に廃車にできるんです!

いかがですか?

このように、廃車買取専門店ならディーラーなどと違い、
自動車重量税の還付を受けられるだけじゃなく、

ディーラーで廃車扱いにされた車でも、
しっかり値段を付けて買取してくれます。

「ディーラーなどで無理なのに、本当なの?」
と思うかもしれませんが、本当に大丈夫です!

では、廃車買取専門店なら、ディーラーなどで廃車扱いの車でも、
なぜ、買取してくれるのか?その仕組みについてお話ししますね。

廃車買取専門店なら重量税が還付されるだけじゃなく買取額も付く理由とは?

では、ディーラーなどでは、廃車扱いの車の場合、
なぜ、買取額までゼロになってしまうのでしょうか。

その理由は、ディーラーなどが持つ販売ネットワークの
ほとんどが、日本国内に限られているからです。

しかも、日本での廃車へ対するイメージというと、
きっと、あなたも同じかと思いますが・・・

・事故を起こした車は縁起が悪いと敬遠される

・年式が古く過走行の車は廃車にするしかない

・事故や水没に遭った車は事故車扱いとなり価値がない

このように、事故車といったトラブルを抱えた車はイメージが悪く、
そのため、廃車へのニーズがほぼないと言っても過言じゃありません。

しかし、その一方で、海外における廃車へのイメージは
私たちの想像と全く異なることをご存知でしょうか?

・事故で廃車扱いになった車でも、まだ走れば修理して使うというニーズがある

・廃車を解体しても、そのパーツをリユースするというマーケットがある

このように、日本では廃車として解体されてしまうような車でも、
まだ走ることが出来る車であればニーズがあり、大きなビジネスになっています。

こういった理由から、廃車買取専門店では、廃車買取のノウハウや
ネットワークを活かし、ディーラーなどでは出来ない買取が可能なのです。

そのため、先にもお話ししたのですが、私がディーラーで
廃車を勧められた事故車のフーガの買取を廃車買取専門店へ依頼したことで、

買取額がゼロから、何と83万円になったのですが、
その廃車買取専門店は、「廃車手続き・レッカー無料のカーネクスト」です。

出典 cmgroup-ziko.com

廃車でも重量税の還付が受けられる!カーネクストなら再び新車へ乗換え出来る?

あなたの車が、もし、突然の事故や故障、水没などで、
ディーラーで廃車を勧められたら・・・本当に困りますよね。

しかも、最近の車は、多くの安全装備が備わっている関係で、
一旦事故を起こすと修理代が100万を上回ることも結構あり、

そのため、ディーラーからお金をかけて修理するくらいなら
廃車にすることを勧められ、そのまま任せているケースが多いようです。

しかし、ディーラーに廃車を依頼するということは、
その買取額が基本ゼロとなるため・・・

そこで、いざ、また新しい車を買うこと自体が
経済的にとても大きな負担になりますし、

また、予算の関係から、廃車にした車よりグレードを下げたり
中古車にするしかないと諦める方も多い
のですが、

このような場合でも、廃車買取を専門とするカーネクストなら、
あなたの想像以上の値段で買取してくれます。

ということは・・・

例え、事故で廃車になったとしても、買取額へ戻ってきた保険金と
重量税といった還付金まで戻るので、

それがを頭金にして、再び新車へ乗り換えることも可能になってくるんです。

出典 cmgroup-ziko.com

いかがですか?

カーネクストの廃車買取を知ってしまうと、
ディーラーなどへ廃車を依頼する何てもう出来ませんよね。

廃車でも重量税の還付が出来るカーネクストへ廃車買取を依頼をするには、簡単な5ステップのみ!

では、ここから、カーネクストへ廃車買取を
依頼する場合の簡単な流れについてお話ししますが、

その主な流れは、下記のように簡単な5ステップのみです。

1.問い合わせ、相談、無料査定のお申込み

2.ご成約後、車引取りの日程を決定

3.車の引取り(費用は一切無料!土日祝も対応)

4.必要書類の記入

5.書類到着後の抹消手続き(無料)、口座へのお振込み

このように、査定から引取、手数料まで完全無料。
しかも、引取は、土日や祝日でも対応可なので、忙しい方でも便利ですし、

また、カーネクストでは、営業時間外でも専用の相談窓口があり、
いつでも廃車買取に精通したオペレーターへ相談出来るので安心ですね。

廃車でも重量税の還付可能なカーネクストなら、廃車でも価値があることが分かります!

ここまでは、ディーラーなどでは、
廃車を買取すること自体が無理だという話をしてきましたが、

廃車買取を専門とするカーネクストでは、
事故や故障、水没車だからという理由だけで廃車にする訳ではなく・・・

その車の状態によって、海外へ輸出したり、
また、解体しても、発生したパーツをリユースするノウハウがあり、

そのため、廃車買取後の管理コストがかからず、その分を買取価格の
上積みに反映できるため、予想以上の高価買取が可能なんです。

これらの理由から、カーネクストの廃車買取は、

「廃車の買取市場の相場を熟知している」からこそ、
予想以上の高価買取が可能になるということがメリットだと言えますね。

ここまでお話ししてきたように、廃車買取を依頼するなら、
「廃車手続き・レッカー無料のカーネクスト」です。

査定だけでなく、もし売却する際のレッカー引取や手数料も全て無料。
これはもう、使わない手はないですね。

カーネクストの廃車買取について公式サイトを見る⇒

もちろん、買取額を聞いて納得してから依頼できるので安心です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする