廃車で軽自動車税の還付ゼロをプラスにする!最も簡単な裏技はこれ

Pocket

今、とても人気のある軽自動車ですが、
その人気の秘密は、普通車に比べ維持費が安いことですよね。

しかし、その反面、軽自動車の寿命は、
普通車より2~3割程度短いとも言われていますが、

660ccという、軽自動車独自の小さい排気量により
エンジンに負担がかかりやすいことからトラブルが起きたり、

軽量化により薄い鉄板を使用しているため
錆などの腐食が発生しやすいといった欠点があるだけじゃなく、

廃車にする際も、軽自動車税は安い分、自動車税と異なり、
月割りで課税・還付されません。

そのためか、古くなってきても、廃車にするタイミングが分からず、
本当にガタが来るまで乗られているケースも多いようです。

しかし、税金の還付を気にしていて廃車にすることに躊躇しているなら、
1日でも早く処分すべきですね。

なぜなら・・・

車は、時間が経てば経つほど価値が下がっていくものですし、
致命的なトラブルが発生すれば、その価値もゼロになってしまうからです。

そんな場合、大抵は、車を購入したディーラーなどへ
廃車の手続きを依頼しようとなるのですが、

車の廃車手続きをディーラーなどに依頼するのは、
損なので絶対に止めましょう!

ここでは、廃車でも軽自動車税の還付ゼロをプラスにする!
最も簡単な裏技
について紹介しています!

そんなこと言っても、ディーラー以外に廃車手続きを
頼めるところなんてあるの?

確かに、今まで、車の下取などディーラー任せだったとすれば、
このように思うでしょう。

しかし、実は、ディーラー以外に、完全無料で簡単に
廃車に出来る方法があることを、是非、知って欲しいのです。

しかも、軽自動車税の還付が受けられない分を、
別の簡単に出来る方法でプラスにすることさえ出来ますよ。

ここでは、軽自動車を廃車にしたいけど、費用をかけたくない、
どこに依頼したらいいか分からない・・・

そんなあなたのためになれば幸いです。
ぜひ参考にしてみてください。

軽自動車の廃車による自動車税還付ゼロをプラスにする方法とは?

先にもお話ししましたが、軽自動車税は自動車税と異なり、
月割りで課税・還付されません。

実は、私の実家でも、母親が10年以上長く乗っていた、
スズキワゴンRがあったのですが、

母親が高齢なこともあり、ここ最近はほとんど乗ることもなく
自宅の敷地内に雨ざらしの状態でした。

「乗らないなら処分したら?」と、何度か提案はしていたものの、
処分されたら困るとの一言でずっとそのままにしていたのですが、

そんなある日、いざ乗ろうとしてエンジンをかけたところ、
全く動かないばかりか、ボディの錆も酷くなってきたので、

母から遂に車を処分したいけど、
どうしたらいいか分からないと相談を受けたのですが、

私自身、車を廃車にした経験がなかったので、
とりあえず、ワゴンRを購入したディーラーに相談したところ、

廃車手続きの費用や、解体費用、そしてレッカー車による
引取費などで数万円もかかると言われたのです。

そこで思い出したのが、廃車買取専門業者のラジオCMのこと。

良く「動かなくなった○○(車種)を○○円で買取りました」
「えーホントですか」というやり取りのやつですね。(笑)

そして、自宅のパソコンで、ある大手の廃車買取専門店の
店舗が地元にもあることが分かり早速問い合わせてみたのですが、

何と、10年以上前の動かなくなったワゴンRでも、
2万円で買取してくれることが分かったのです。

しかも、ディーラーでは有料となる引取り費用や、
面倒な廃車手続きの代行まで無料とのこと。

早速、このことを母に連絡し、
すぐにワゴンRの廃車を依頼したのですが、

早速、希望の日に引取ってくれることになり、
しかも、買取額がすぐに支払われたので、

元々、ワゴンRの買取額は無いものと思っていたので、
軽自動車税の還付ゼロがプラスになったようなものですね。

「本当にそんな上手い話し何てあるの?」

確かに、私も依頼するまでは、ディーラーしか知らなかったので
半信半疑なところもありましたが、これは、本当の話なんです。

では、私がワゴンRの廃車買取を依頼した専門店はどこかと言いますと、
廃車手続き・レッカー無料の「カーネクスト」です。

では、ここからは、カーネクストへ廃車買取を依頼すると、
なぜ、ディーラーでは値段が付かない廃車でもお金になるのか・・・

その理由や仕組みについてお話ししていきますね。

廃車による軽自動車の税金還付ゼロを、カーネクストなら別の方法でプラスに出来ます!

普通なら、車のことはディーラーへと思いますが、
廃車手続きに限っては、なぜ依頼しない方がいいのでしょうか?

なぜなら、ディーラーでも、お金さえ払えば、
廃車を受け付けてくれるものの、それは専門外のことであり、

そのため、引取時のレッカー代や解体費用だけじゃなく、
廃車手続きに関する費用までもが有料になってしまいます。

出典 cmgroup-ziko.com

なぜなら、ディーラーが行っている買取というのは、
新しく車を買ってもらうために行われている下取のことであり、

下取された車は、ディーラーや、
販売店が持つ、中古車専門の店舗などで販売する関係上、

年式が比較的新しく、走行距離もそれなりで、
すぐに中古車として商品となるような車の買取りしてくれますが、

その反面、廃車を買取るという仕組みやノウハウがないため、
低年式で過走行の車の買取自体出来ないのです。

しかし、カーネクストでは、ディーラーなどと違い、
廃車の買取専門店ならではの豊富なノウハウを持っており、

そのため、ディーラーなどで廃車扱いになるような車でも
高価買取が可能なのですが・・・

カーネクストは、他の多くの廃車買取専門店より、
より高価で買取できる理由があるんですね。

その理由とは、ほとんどの廃車買取専門店の
販売ネットワークが日本国内に限られるのに対し、

カーネクストでは、国内だけじゃなく、廃車へのニーズが高い
世界の国々へ輸出し販売するネットワークを持っています。

そのため、日本国内に販売ネットワークが限定された業者より、
カーネクストの方が、より高価で買取ることが出来るんですね。

しかも、ディーラーでは有料となる解体費用や、
レッカー車による引取り費用だけじゃなく

面倒な廃車手続きにかかる代行費用までもが完全無料。

出典 cmgroup-ziko.com

そのため、ディーラーではどうしてもマイナスになってしまう
軽自動車の廃車が、カーネクストならプラスになりますし、

よって、軽自動車税の還付が制度上受けられなくても、
実質、その分がプラスになるので、本当にお得なんですね。

以上、今までお話ししてきたとおり、その多くの高い口コミから
高価買取以外でも満足度が高いと評判なのが「カーネクスト」です。

出典 cmgroup-ziko.com

廃車による軽自動車税の還付は無理ですが、カーネクストへの廃車買取依頼はとても簡単です!

では、ここからは、カーネクストへ廃車買取を
依頼する方法についてお話しして行きますが、

その主な流れは、下記の簡単な5ステップのみです。

1.問い合わせ、相談、無料査定のお申込み

2.ご成約後、車引取りの日程を決定

3.車の引取り(費用は一切無料!土日祝も対応)

4.必要書類の記入

5.書類到着後の抹消手続き(無料)、口座へのお振込み

カーネクストならではの高価買取は勿論のこと、
上記のとおり、査定から引取、廃車の代行費用まで完全無料。

しかも、引取については、土日や祝日でも対応可なので、
平日は仕事などで忙しい方でも依頼することが出来ますし、

カーネクストでは、営業時間外でも専用の相談窓口があり、
いつでも廃車買取に精通したオペレーターへ相談出来るので安心です。

廃車による軽自動車税の還付は無理ですが、カーネクストは「高価買取・完全無料」が普通です!

ここまでは、ディーラーでは、廃車買取のノウハウがないため、
廃車の買取自体が無理だという話をしてきましたが、

廃車買取専門店のするカーネクストでは、
低年式で過走行車といった理由だけで廃車ということはなく・・・

買取った車の状態によって海外に輸出したり、
また、解体しても、パーツをリユースするノウハウがあるので、

廃車買取後の管理コストがかからず、その分を買取価格の
上積みに反映できるので、予想以上の高価買取が可能です。

これらのことから、カーネクストの廃車買取は、

「廃車の買取市場の相場を熟知している」からこそ、
予想以上の高価買取が可能になるということがメリットだと言えますね。

ここまでお話ししてきたように、廃車買取を依頼するなら、
「廃車手続き・レッカー無料のカーネクスト」です。

査定だけでなく、売却する際のレッカー引取や手数料も全て無料。
これはもう、使わない手はないですね。

カーネクストの廃車買取について公式サイトを見る⇒

もちろん、買取額を聞いて納得してから依頼できるので、
まずは、ディーラーと比較してからでも遅くありませんよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする