廃車がお金になる“僅か20秒で買取額が分かる”最も簡単な方法

Pocket

「事故を起こさないよう、いつも安全運転したいるのに・・・」

「ずっと違反していないから免許もゴールド、それなのに・・・」

このように、普段から安全運転を心掛けていても、
いつ、思いがけないところで事故に遭うか分からないものです。

そして、もし事故に遭ってしまった場合、
軽い接触程度なら、修理してまた乗り続けることが出来ますが、

エアバックが開いたり、自走できないほどの事故で廃車になると、
明日からの生活にも困ることになりますし、

それ以上に困るのが、車を廃車で失うことで、
経済的にも大きなダメージを受けてしまうことです。

そして、こんな場合、その多くは、購入したディーラーへ
事故を起こした車が運ばれることになりますが、

いくら高価な車でも、廃車になれば、その価値はゼロ。
しかも、廃車費用まで請求されてしまいます。

ディーラーへ廃車を依頼するのは、確かに安心かも知れませんが、
大切な車の価値が全くゼロになってしまうなんて納得出来ませんよね?

ここでは、廃車がお金になる“僅か20秒で買取額が分かる”
最も簡単な方法について紹介しています。

「ディーラーで値段が付かないなら諦めるしかないでしょ」

確かに、今までの常識ならそう思うでしょう。
でも、今では、廃車がお金になる方法があることを、是非知って欲しいのです。

ここでは、突然事故に遭って車が廃車になり、
次の車の購入などで経済的に不安なあなたへ詳しく書いています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

廃車がお金になることを知らないと絶対に損だということを、あなたに是非知って欲しいのです!

この記事を書いている私も、実は最近、新車のホンダフィットを、
事故で廃車にしてしまいました。

幸い、自宅近くでの事故だったので、フィットを購入した
ディーラーの積載車で店舗まで運んでもらうことが出来たのですが、

そこで提示されたフィットの修理見積が何と80万円以上!

ディーラーの担当者から、「修理しても事故車扱いなので
廃車にしたほうがいいですね」と勧められたのですが、

下取に入れて次の車の頭金にと思っても、廃車のため買取額もゼロ。
しかも廃車費用までかかると言われたのです。

「もし、ウチで新車購入してくれるなら、廃車費用は
サービスしますよ」との提案を受けたものの、納得できずにいると、

「実は、あまり大きな声じゃ言えないけど、
廃車買取の専門店を教えますよ」と言われ・・・

確かに、ラジオCMで廃車買取専門店のことは知っていましたが、
本当に大丈夫なのかと疑問に思いながら問い合わせたところ、

何と、100万円で買取って貰えることが分かり、
早速、廃車買取を依頼したのですが、本当に完全無料ですし、

しかも、買取額の入金までの手続きが本当に早かったので、
再び、また新車のフィットに乗換えることが出来ました。

いかがでしょうか?

「本当にこんな上手い話しなんてあるの?」と
思うかもしれませんが、これは本当の話なんです。

では、ここからは、廃車がお金になる裏技について
もっと具体的にお話ししていきますね。

廃車がお金になるのは、廃車手続きをディーラー任せにしないこと!

では、なぜ、ディーラーなどでは廃車の買取が出来ないのに、
廃車買取専門店では出来るのでしょうか?

その理由は、ディーラーなどと廃車買取専門店では
各々が持っている販売のネットワークが異なるからなんですね。

では、その違いについて、もっと詳しくお話しして行きましょう。

まず、ディーラーなどで行われる買取というのは、
あなたも利用したことがあるかと思いますが、下取のことを言います。

この、下取という仕組みは、ディーラーなどで新車購入の時などに、
今まで乗ってきた車を買取することであり、

そこで下取された車は、通常、ディーラーの店頭や
統括する販売会社の中古車専門の店舗で販売されます。

よくある、販売会社の「ユーズドカーセンター」や
「マイカーセンター」などといった店舗が、これに当たりますね。

このように、ディーラーなどで行われる下取は、高年式で
走行距離も年式相応といった車は、問題なく下取として買取してくれますが、

その反面、事故車や水没車といった損害車や、
低年式の過走行車などとなると、下取として買取できないため、

そのまま廃車として処分するしか手立てがないんですね。

では、なぜ、ディーラーなどが、廃車買取専門店のように、
廃車を買取って流通するネットワークを持っていないかと言いますと、

それは一言で言うと、日本国内では、廃車へのニーズが
ほとんど無いからなんです。

日本国内の廃車へ対するイメージは、
あなたも恐らく同じように思っているかと思いますが、

・事故車などは「縁起が悪い」と敬遠される

・低年式で過走行の車は価値がないのでスクラップするしかない

・10年、10万キロ以上乗った車は、中古車としての需要がない

このように、ネガティブなイメージで見られているのが普通ですが、
日本国内から海外へ目を向けてみると、全くイメージは異なります。

・事故などで廃車扱いの車でも、修理して使うというニーズがある

・廃車として解体しても、残ったパーツへのニーズが高い

・低年式で多走行車であっても、日本車への信頼が高い海外では需要がある

少し驚くかも知れませんが、このように廃車へのイメージはとても
ポジティブに見られており、しかも大きなビジネスになっているんですね。

そのため、廃車買取専門店では、ディーラーなどと違い、
買取った廃車を海外へ輸出し販売するネットワークを持っていたり、

また、廃車にしても、そのパーツを流通するといったことも出来るので、
ディーラーなどで廃車扱いの車でも高価買取が可能なのです。

そのため、私も、ディーラーで廃車しかないと言われたフィットを、
先にもお話ししましたが、廃車買取専門店へ依頼したことで、

ディーラーで査定ゼロ都言われた車が、何と100万円になったのですが、
その廃車買取専門店は「事故車買取シェアNo.1のタウ」です!

出典 tau-reuse.com

廃車がお金になる!タウなら廃車から新車に買換えできます

あなたの大切な車が、突然の事故や風水害に遭ったり
また、急に致命的な故障が発生し廃車に・・・

そこで、購入したディーラーへ引取を依頼しても、
高額な修理費用を掛けるくらいなら、廃車を勧められ、

しかも、買取も値段が付かないとなると、戻ってきた保険金を元に
新しい車へ乗換えようとしても、経済的な負担になりますし、

また、予算の関係で、車よりグレードを下げたり、
中古車にするしかないと諦めるしかないのが今までの常識でした。

しかし、こんな場合でも、廃車買取専門のタウに依頼すれば、

先にもお話ししたとおり、廃車へ対するニーズが高い海外への
販売ネットワークがあるため、高価買取が可能です。

出典 tau-reuse.com

そして、上記の例のとおり、買取額へ戻って来た保険金、税金還付を
プラスにすれば、また再び新しい好きな車へ乗換えることも出来るんです。

いかがですか?

タウの廃車買取を知ってしまうと、
もう、ディーラーなどに廃車を依頼する気になれませんよね。

廃車がお金になる!タウなら廃車の買取相場が僅か20秒で分かる

では、これから、タウに廃車の無料査定を依頼する方法についてお話しますが、
タウの公式サイトの「無料査定フォーム」から申し込みます。

「無料査定フォーム」に入力する内容はと言いますと・・・

車の状態や車種、名前や住所、電話番号といった
僅か20秒ほどの簡単な入力で無料査定の依頼が出来ますので、

まずは、気軽にディーラーと買取額を比較することをおススメします!

タウの無料査定フォームはコチラから⇒

廃車がお金になるタウの買取利用で好きな車に乗換えよう!

ここまでは、廃車買取専門店のタウと違い、ディーラーなどでは
廃車の買取自体が無理だというお話をしてきましたが、

タウの廃車買取は、単に事故車や損害車だから
といった理由だけで、即廃車という訳ではなく・・・

世界に広がる販売ネットワークを持って海外に輸出したり、
車を解体したパーツをリユースするといったノウハウがあるので、

ディーラーなどでは絶対に無理な高価買取を可能とするのです。

これらのことから、タウの廃車買取は・・・

「廃車の買取市場の相場を熟知している」からこそ、
他では到底及ばない高価買取が可能なのがメリットだと言えますね。

今までお話ししてきたように、廃車の買取を依頼するなら、
「事故車買取シェアNo.1のタウ」です。

査定も無料ですし、売却する際のレッカー引取や手数料も全て無料。
これはもう、使わない手はないですね。

タウの廃車買取について公式サイトを見る⇒

もちろん、値段を聞いて納得してから依頼できるので安心ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする