廃車の使える部品は売った方がお得?良い部品とダメな部品を徹底解説

Pocket

車を廃車にするということは、事故に遭ったり、
古くなり故障が多くなってきた、動かなくなった・・・

などなど様々な理由があるかと思いますが、
せっかくなら、少しでもお金にしたい!そう思いませんか?

なぜなら、廃車にする車を購入する際に、
たくさんのオプション品を装着していたり、

また、車にこだわりのある方なら、高価な社外パーツを
装着している場合も多いと思いますが、

いざ、その車を廃車にしようとなったとき、
装着している部品を売った方が得なのか、それとも損なのか、

また、部品によっては、売ってしまうと法に触れる場合もあるので、
注意が必要なんですね。

ここでは、廃車の使える部品は売った方がお得?
良い部品とダメな部品を徹底解説しています。

「廃車にする車の部品を売った方が、お得なのか損なのか分からない」

「部品の取り外しが面倒なので、そのまま売った方がお得なのか知りたい」

今まで、車の売却と言うと、そのままディーラー任せだったとしたら、
このように思うでしょう。

でも、実は、例え廃車にする車であっても、場合によっては部品を外すこともなく
お得に売却出来る方法があることを、ぜひ、知って欲しいのです。

この記事が、廃車を出来る限り高い値段で売りたいけど、
どこへ依頼したり、部品を売却すればお得なのか知りたいあなたのためになれば幸いです。

ぜひ、最後まで、お読みくださいね。

廃車の使える部品は売った方がお得か?

この記事を書いている私も、最近、事故で車を廃車にしてしまったのですが、
新車であったことや、社外パーツも結構付けていたので、ショックでしたね。

なぜなら、新車のホンダフリードを事故で失ったショックだけでなく、
事故で廃車になったことで、また、同じ車に乗換えようとしても、

ディーラーより値段が付かないと言われ、本当に参ってしまいましたね。
まあ、事故で怪我が無かったのが、不幸中の幸いだったのですが・・・

そこで考えたのが、廃車から使える部品を取って売却し、
少しでもお金にする方法だったんです。

でも、果たしてその方法が本当にお得なのか、それとも損なのか・・・
正直言って、その時は見当も付かなかったですね。

そこで色々と調べて行くと、廃車から使える部品を売ってお得になるのは、
結構、想像と違うことが分かりましたし、

中には、法に触れてしまうこともあったので、
ここで詳しくお話しして行きますね。

廃車の使える部品で売った方が良い物とそうでない物とは?

では、早速、車を廃車にする場合、使える部品を外して売った方がお得な場合と、
そうでない場合について、紹介して行きますね。

廃車の使える部品で売った方が良い物

ETCやオーディオ機器

ETCやオーディオ機器については、もし、あなたの車が新車だったり、
まだ、比較的新しい場合は、取り外して売却した方がお得かも知れませんが、

数年前の機器の場合、例え売却できたとしても、
取り外す工賃の方が高く付く場合があるので注意が必要ですね。

ちなみに、ETCとオーディオ機器を取り外す工賃は、両方とも3千円程度ですが、
両者を同時に行えば4千円程度で済むので、必要なら纏めて外した方がお得ですし、

また、次の車に装着するという手もアリですね。

カーナビ

最近の車なら、ほぼ装着されていると言ってもいいカーナビですが、

メーカー装着品のナビは、取り外しも困難で費用がかかるばかりか、
他への流用が効かないため、そのままにしておく方がいいですし、

また、ディーラーでの装着品や、後付けの場合、比較的新しい機器なら
売却する方がお得な場合が多いですが、

カーナビの進歩はとても速いので、数年前の機器の場合、売却しても
値段が付きにくいので、そのままにしていた方が無難ですね。

ちなみに、カーナビの取り外しに必要な時間と工賃について触れてみますと・・・

ポータブルナビの場合、40分で5,000円程度、オンダッシュタイプは60分で10,000円、
インダッシュタイプは60分で8,000円程度が目安となって来ますので。

売却した場合、工賃と照らし合わせて本当にお得なのか?
良く検討してから依頼するようにしましょう。

タイヤとホイール

タイヤとホイールについては、メーカー装着の純正品の場合、
廃車として処分する場合、代わりの物が無いなら、そのままにしておく必要があります。

なぜなら、いくら廃車として処分するとしても、
依頼する段階で、車として欠品扱いになってしまうからなんですね。

また、社外品を装着している場合は、代わりとなる純正品などを保管している
という条件さえ合えば、売却したほうがお得な場合が多いです。

特に、値段も高く人気のあるホイールなどは、中古パーツの買取店や、
ヤフオクやフリマなどでも需要があり高く売れる可能性が高いですね。

また、冬用のスタッドレスタイヤについては、まだ新しく、
溝が残っているものは、売却したほうがお得ですが、

逆に、古くて買換えが必要なものは、純正品のホイールに装着しておいて
廃車にすれば、余計な処分料がかからず処分できますね。

廃車の使える部品で売らない方が良い物

廃車の使える部品でも基本的に付属品以外は全てNG

車を廃車にする場合、基本的に売れる部品と言うのは、
ディーラーオプションや、社外パーツのみだと思ってください。

なぜなら、一般的に廃車と言われる車は、正式には使用済み自動車となり、
その解体は、解体業者として許可を受けた者しか出来ないからです。

また、良くネット上などで見かける、車のドアやボンネット、
バンパーなどの個別販売は、基本的に解体業者のみが行えるものと思ってください。

よって、廃車を依頼した車の部品を勝手に外すのは違法行為になりますし、
後々、業者とのトラブルにも発展しやすくなるので注意しましょう。

廃車の使える部品でも、古い物は装着したままの方が良い場合が多い

低年式の車の場合、購入時からずっと付いている部品(例えば、カーナビ、オーディオ、
テレビ、タイヤなど)は、装着したままの方がいいですね。

なぜなら、先にもお話ししたとおり、古い部品は売っても値段が付かないばかりか、
処分料がかかる場合もありますので、車と一緒に処分したほうがお得な場合が多いです。

以上、車を廃車にする場合、使える部品をどのように処分すればお得なのかは、
ここで、お話ししている内容さえクリアしておけば大丈夫ですが、

実は、ディーラーで廃車扱いとなり、値段が付かない車でも、
高価で買取してもらえる方法があることをご存知ですか?

ここからは、その方法や仕組みについて紹介して行きますね。

廃車の使える部品を売るよりお得な、本体を高価買取してもらえる方法とは?

先にもお話ししましたが、
私の場合、事故で新車のホンダフリードを廃車にしてしまい、

ディーラーで買換えしたいと言ったところ、何とその査定額はゼロ。
しかも、廃車に関わる費用までかかることが分かり、

出来る限り、廃車をお金にするため、部品を売ることを考えたのですが、
実際のところ、この方法だと、数万円位にしかなりません。

そこで、ディーラーのセールスマンも、「新車へ買換えてくれるなら、
廃車費用は値引き分と相殺してもいい」と提案はしてくれたのですが、

このままでは、例え保険が戻ってきたとしても、また、同じ新車に
乗換えるには、自己負担が増えるので抵抗があったんですね。

そこで、ふと思い出したのが、私の友人が廃車を売ってお金になった
という話だったのですが、

その友人に事情を話すと、新車への下取として査定してもらったところ、
値段が付かず廃車しかないと言われた15年落ちのトヨタカローラが、

何と、廃車買取専門店に相談したところ、4万円で売れたと言うのです。

そこで、その友人から教えてもらった廃車買取専門店へ相談したところ、
エアバックが開いていないことも幸いしてか、何と80万の値段が付いたのです。

しかも、ディーラーからの引取り費用や、廃車に関わる費用も完全無料、
また、自動車税などの還付についても手続きしてくれたので、

ディーラーに廃車処分を依頼するより、買取額の80万以上より
得することが出来たので、また、新車のフリードに乗換出来ました!

では、なぜ、ディーラーで廃車扱いとなり、買取出来なかった車が、
廃車買取店だと高価で買取出来るのでしょうか?

その理由は、ディーラーと廃車買取店では、各々が持つ
販売ルートが全く異なるからなんですね。

なぜなら、ディーラーによる買取と言うのは、基本的に、新車購入時に
今まで乗ってきた車を買取るために行われる下取であり、

また、下取された車を、そのままディーラーの販売会社の中古車専門の
店舗で販売するのが普通のため、その販売ルートは日本国内に限られています。

しかし、廃車買取専門店の場合は、廃車へのニーズが高い海外へ
輸出販売しているため、そのネットワークは海外が主体となっているのですが、

その中でも、特に日本車は、海外でも信頼性が高く故障が少ないと評価されており、
走行することさえ出来れば、多少古くてもニーズがあるんです。

そのため、廃車買取専門店では、ディーラーでは買取出来ない廃車でも、
その買取を専門としているため、高価買取が可能なんですね。

では、私が友人から紹介を受け、事故で廃車になったフリードの買取を
依頼した業者をここで紹介したいと思いますが、

それは、廃車買取専門店の「ハイシャル」です。

出典 haishall.jp

廃車の使える部品を売る以上に得して処分したい!そんな場合はハイシャルへ!

突然、あなたの車が事故に遭ったり、
また、古くなって来て買換えようと思った場合、

廃車の使える部品を取り外し売ろうとしても、その取り外しに
関わる費用や時間を考えると、一概に得するとは言えませんし、

また、廃車にしたいと思い、ディーラーへ相談しても、基本的に
廃車の買取は行っていないので、値段も付かないのが普通なばかりか、

廃車の処理手数料まで有料となるため、もし、廃車の使える部品を
売ってお金にしても、それと相殺されてしまうのがほとんどです。

しかも、本来なら還付を受けられるはずの自動車税等についても、
戻ることが無いのが普通ですので、結局はマイナスになってしまいます。

では、ディーラーに廃車を依頼した場合の費用は、平均して7~9万円。
これが実は結構な負担になってしまいます。

出典 haishall.jp

しかし、こんな場合でも、廃車買取専門のハイシャルへ依頼すれば、
その費用は完全無料!

出典 haishall.jp

しかも、廃車への需要が高い海外への輸出販売ルートを活かした高価買取が
可能なだけじゃなく、ディーラーでは出来ない自動車税等の還付まで受けられるので、

戻ってきた保険金と合わせれば十分な頭金にもなるため、
新車を廃車にした場合など、また、同じ車に乗換えることも可能になるわけなんです。

このように、廃車で使える部品を売るよりも、もっと効率的に高く売れる。
そんなハイシャルことを知れば知るほど、

もう、ディーラーへ廃車の処分を依頼するなんて考えられませんよね。

廃車の使える部品を売るより得!ハイシャルの無料査定依頼は僅か20秒で出来ます!

ここからは、ハイシャルへ、事故車の無料査定を
依頼する方法についてお話ししますが、

その方法は、ハイシャル公式サイトから、買取を依頼をしたい
車の車種や年式といった基本的な情報を入力するだけ・・・

しかも、僅か20秒ほどで申し込めるので、
本当に簡単で便利です。

また、無料査定の申し込み後の流れとしては、下記のように
簡単な4ステップのみ・・・これなら、初めての場合でも便利ですね。

1.ご成約後、車引取りの日程を決定

2.必要書類等の準備

3.車の引取りと書類の受領(最短翌日の引取対応!土日祝も対応!)

4.必要書類到着後、買取代金のお振込と陸運局での書類手続き

しかも、先にもお話ししましたが、引取や手数料も完全無料。
また、引取については、土日や祝日でも対応可能ですし、

また、ハイシャルの営業時間外でも専用の相談窓口を設けており、
いつでも廃車買取に精通したオペレーターへ相談出来るので安心です。

ハイシャルの事故車買取について公式サイトを見る⇒

廃車の使える部品を売るよりお得なハイシャルへ依頼し好きな車へ乗り換えよう!

ここまでは、廃車買取専門店のハイシャルと違い、

ディーラーによる買取は下取がメインのため、廃車は依頼すれば
引き受けてもらえるけど、買取は出来ない理由についてお話ししてきましたが

ハイシャルの廃車買取の場合は、事故車や古い車だからといった理由だけで、
そのまま廃車に・・・ということはありません。

なぜなら、買取った廃車の各々の状態から、海外へ輸出販売したり、
車を解体しても、パーツを販売するといった豊富なノウハウがあり、

例え、ディーラーで廃車扱いの車でも、その価値を最大限に
見出だした上で買取してくれるので、

ディーラーでは絶対に無理な高価買取が出来るのです。

これらの理由から、ハイシャルへ廃車買取を依頼するメリットは、
「廃車買取のネットワークやノウハウを持っている」ことが挙げられますね。

今までお話ししてきたように、廃車の買取を依頼するなら、
廃車買取専門店「ハイシャル」です。

査定も無料ですし、売却する際のレッカー車での引取や手数料も全て無料。
これはもう、使わない手はないですね。

ハイシャルの事故車買取について公式サイトを見る⇒

ディーラーの買取や修理見積と比較し、
納得してから依頼できるので安心ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする