事故車が全損でも車両保険より高く売れる!簡単すぎる裏技を暴露

Pocket

事故を起こしたり、事故に遭ったり・・・
車を運転している以上、嫌でも、いつ、事故に遭うかは分かりません。

そして、もし、車が修理不能な事故に遭ってしまった場合、
保険会社より全損扱いを受けるケースも考えられますが、

その多くは、保険会社より支払われる全損扱いの保険金に
納得出来ない場合が多いというのが現状ですし、

また、全損扱いで保険金を受取る場合は、車の所有権まで
保険会社に渡ってしまうことになりますが、

しかも、同じ全損でも、自損事故と被害事故では、
保険会社による扱いが異なることをご存知でしょうか?

実は、この違いを知らないまま全損扱いを受けると、
とても損することが多いんですね。

でも、安心してください。

この記事を最後まで読んで下されば、全損扱いになったケース別に、
最も有利な方法について詳しく説明しています。

とは言っても・・・

「事故車が全損扱いと言われているが、保険会社との交渉に自信が無い」

「事故車が全損扱いとされたなら、保険会社に従うしかないのでは?」

確かに普通ならそう思うでしょう。

でも、全損扱いの仕組みを知ることの重要性や、場合によっては、
全損扱いを受けない方が有利なケースもあることを知って欲しいのです。

ここでは、事故車が全損でも車両保険より高く売る!
簡単すぎる裏技について公開していますので、

車が事故に遭い、全損扱いを受けたけど、
戻って来る車両保険の金額に納得出来ずにいる・・・

そんな、あなたのために、この記事がお役にたてれば幸いです。
ぜひ、最後までお読み下さいね。

「事故車の全損」その仕組みについて本当に知っていますか?

事故車が全損扱いになるケースとは、その名のとおり
車が事故で修理不可能な状態を指しますが、

そこで厄介となってくるのが、事故車が修理可能な場合でも
全損扱いになるケースがあるということなんですね。

実は私も、最近事故に遭い、保険会社との交渉などで
とても苦労した経験があるのですが、

その事故の概要はと言いますと・・・

休日に雨の中、高速道路を走行中、スリップして
ガードレールに激突してしまい、

愛車のスバルレガシィの前部が大破してしまい、
その後、購入したディーラーへ持ち込まれたのですが、

その、修理代が何と120万円かかることが分かり、
驚いていたところ、保険会社から意外な返事が来たのです。

その内容とは、レガシィの契約上の車両保険額が100万円のため、
修理代の方が20万円高いことから、全損扱いになるっていうんです。

私の場合、幸いにも、全損時諸費用特約も契約していたので、

車両保険金額の100万円に、プラス10%の、合計110万円が
支払われることにはなったのですが、

まあ、車両保険額に10万円がプラスされるので、
こんな程度かと、保険会社の提案を受け入れようかと思っていたところ、

付き合いの長い、ディーラーのセールスマンから、

「その方法だと、保険会社に車が引取られてしまいますし、
もっといい方法がありますよ」と、提案をしてくれたのが、

事故車買取の専門会社へ、事故車のレガシィを買取って
貰うという方法だったんですね。

私も、事故車買取専門店の存在自体は知っていましたが、全損扱いで
保険会社に引取られる事故車を本当に買取って貰えるの?と、思ったのですが・・・

そんな場合は、修理して乗り続けたいので、どうしても
引き渡したくないという意思を保険会社へ伝えれば、

実際のところ、修理をしなくても、
残存価格を引いた金額を支払ってくれるというんですね。

では、なぜ、そんなことが出来るのかと言いますと、車は全損になっても、
ある程度の残存価値があるため、売却すればお金になるからなんです。

そのため、保険会社では、全損扱いで引取った事故車を売却し、
残存価格を回収しているわけなのですが、

契約者が、事故車を修理したいと言えば、残存価格を引いた額が
支払われるわけなんですね。

私の場合、レガシィの残存価格が5万円ということで、
110万円から5万円引かれた105万円を受取ることになったんですが、

次に行ったのが、事故車のレガシィの買取を、セールスマンより
紹介を受けた事故車買取専門店へ依頼することです。

私自身、事故車買取専門店の存在は知っていたものの、
依頼するまでは、半信半疑なところもあったのですが、

紹介を受けた、事故車買取専門店のホームページから、
僅か20秒ほどの入力で申し込んだところ、

何と、事故車のレガシィを57万円で買取してくれると言うのです。
これには、本当に驚きましたね!

しかも、ディーラーからのレッカー車による移動費用や、
廃車手続きの代行なども全て無料で行ってくれるばかりか、

自動車税などの還付も受けられ、
また、廃車から買取額の入金までの事務処理も本当に早く、

戻ってきた保険金105万円と、事故車のレガシィの買取額である
57万円を合わせ、合計で162万円が手元に来たわけなんですが、

さらに、自動車税等の還付金もプラスすることが出来たので、
そのお金を元にして、新車のレガシィに乗換えることが出来ました。

今回、事故車買取専門店へ売却するという提案をしてくれた
セールスマンには本当に感謝していますが、

そこで思ったのが、もし、追突されたなどといった
被害事故で全損になった場合はどうなるのでしょうか?

事故車が全損となった場合(被害事故のケース)

私な場合は、自損事故による全損でしたが、
実は、他車に追突され、全損になる被害事故のケースも多く、

残念なことに、自損事故による全損より、車の評価が低くなるなど、
保険会社との交渉が困難な場合が多いようです。

なぜなら、同じ全損でも自損事故の場合、自身が加入している
車両保険の保険額は、加入時の時価により算定されていますが、

被害事故の場合は、相手側の対物保険から支払われる関係上、
事故時の時価で算定されるため、

どうしても、自身の車両保険より低くなってしまい、
それがルールだとしても、なかなか納得出来ないものなんですね。

では、ここでは、先にお話した、私のレガシィの事故のケースから、
自損事故と被害事故で支払われる保険金の違いについてお話します。

・自損事故による全損の場合

110万円(自身の車両保険)- 5万円(残存価格)= 105万円(受取れる保険金額)

・被害事故による全損の場合

90万円(相手側の対物保険)- 5万円(残存価格)= 85万円(受取れる保険金額)

このケースでは、自損事故による全損より被害事故による全損の方が、
20万円も損していることになりますが、

もし、被害事故で全損した事故車を修理する場合に限り、
加害者側が特約として加入していればの条件付きではあるものの、

「対物超過修理費用補償特約」(保険会社によって名称は異なる)により、
上記の例で示した90万円(相手側の対物保険)へ、50万円加算することも出来ます。

しかし、この場合、確かに修理はされるものの、
事故車扱いの車は、今後、下取りに出した際など値段的に不利になりますし、

思い切って廃車にしたいという場合は、私のレガシィの事故のケースのように、
保険金だけ請求するということも出来るだけじゃなく、

被害事故による全損の場合、自損事故による全損と違い、相手側の保険会社が
車を引取る義務はないことから、自分で事故車を処分することになるので、

私も利用した、事故車買取専門店へ売却すれば、戻ってきた保険金と
買取額をプラスして、それを元に新車へ買換えることも可能となって来ます。

このように、例え、事故で車が全損になっても、事故車買取専門店を
上手に活用すれば、次の車への乗換えがグッと楽になりますね。

でも、中には、事故車買取専門店へ事故車を売却することに抵抗があり、
馴染みのディーラーに依頼したいという方もいるかと思いますが、

そのことを、私も、廃車買取専門店へ依頼する前に
セールスマンに聞いてみたところ、

セールスマンが言うには、「ディーラーの立場だと言い難いのですが、
それだけは絶対にやめた方がいい」とのこと・・・

何でだろうと思うかもしれませんが、
では、次に、その理由に迫ってみますね。

事故車が全損でもディーラーへ依頼しない方がいい?これだけの理由

では、なぜ、事故車が全損の場合、ディーラーへ下取りに出したり、
売却しない方がいいのでしょうか?

その理由は、結論から言いますと、値段が付かないからです。

なぜなら、ディーラーで買取る車というのは、
基本的に新車への買換えで、下取りする車に限られます。

しかし、下取りする車についても、比較的年式が新しく
走行距離が少ないといった車といった車は、

ディーラーの店頭や、販売店の中古車専門の店舗で
販売出来るため、比較的高値で買取して貰えますが、

その反面、年式が古く、走行距離が多いといった車や、
事故車などについては、中古車として販売することが出来ないため、

そのため、買取自体が出来ないばかりか、
有償で廃車にするしか出来ないんですね。

こういった理由から、私との付き合いが長い、
先のセールスマンによる話では、

ディーラーへ事故車の買取や下取りを依頼することだけは、
絶対に、止めた方がいいって言うわけなんですね。

では、なぜ、事故車買取専門店では、ディーラーでは値段が付かない
事故車を、高価買取出来るのでしょうか?

その理由は、ディーラーと事故車買取専門店では、
買取した車の販売ルートが全く異なるからなんです。

というのも、事故車買取店では、買取した車を、事故車への
需要が高い、海外へ輸出販売するルートを持っているんですね。

「海外では事故車への需要が高い」と聞くと、以外に感じるかも知れませんが、

日本では、値段が付かない、縁起が悪いといった理由で人気が無い
事故車でも、海外では、修理して走ることさえ出来れば、高い需要ありますし、

また、解体するしかない場合でも、残ったパーツをリユースしたりといった
需要も高く、そのため、どんな事故車でも買取ることが出来るわけなんです。

そのため、ディーラーのように、事故車だから
廃車しかないと決めつけるのではなく、

買取した事故車毎の状態から、最大限の価値を見出だし値段を付けるので、
ディーラーでは絶対に無理な値段で買取してくれるんですね。

だからこそ、ディーラーで査定ゼロだった事故車のレガシィでも
を57万円で買取して貰えたわけなんです。

では、私が実際に、依頼した事故車買取店はどこかと言いますと、
それは「事故車買取シェアNo.1のタウ」です。

出典 tau-reuse.com

事故車が全損でも車両保険より高く売れる!これがその裏技です

ここまでは、事故車が全損になった場合、
ディーラーへは絶対に依頼しない方がいいとお話してきました。

なぜなら、高いお金を払って買った車が、
事故で全損扱いになってしまうと、その価値がゼロなばかりか、

廃車費用まで請求され、実質、マイナスになってしまう・・・
私もそうでしたが、本当に精神的にも参ってしまいます。

そして、いざ、次の車を買おうとした場合、
例え、保険金が戻ってきたとしても、経済的な負担が圧し掛かりますし、

場合によっては、予算の関係で、事故で全損にした車よりクラスを下げたり、
また、値段の安い中古車にせざるを得ない場合もあるかも知れません。

しかし、今までは、上記のような考え方が普通だったとしても、
今は、事故車買取専門店のタウへ依頼すれば、これらの問題は解決できるのです。

ここで、見ていただきたいのが、
タウへ事故車の買取を依頼した一例なのですが・・・

出典  tau-reuse.com

このとおり、事故車買取専門店のタウへ依頼すれば、
買取金額と税金還付の合計が85万円となるところが、

もし、ディーラーへ依頼したとなると、
85万円も損することになってしまうんですね。

この差は、とてつもなく大きいですし、
事故車買取専門店のタウを知っているか否かで、

あなたの事故後のカーライフが豊かになるか、
それとも、妥協の車選びから寂しいものになるか・・・

大きな分かれ道になると言っても過言ではありませんので、
ぜひ、この真実を知って欲しいのです。

タウの事故車買取について公式サイトを見る⇒

事故車の全損ならタウへ!ネットから僅か20秒で値段が分かります

では、ここからは、タウへ事故車などの
廃車買取を依頼する場合の方法についてお話ししますが、

タウ公式サイトより、車のメーカーや車種、年式等といった
僅か20秒ほどの必要事項の入力のみで申込出来ますので、とても簡単ですし、

また、依頼後の流れは、下記のように簡単な5ステップのみです。

1.仮査定 「車の年式や損傷状態をヒアリングし仮査定額の提示」

2.本査定 「無料出張査定により正確な査定額の提示」

3.契 約 「売買契約書の締結及び必要書類の記載」

4.引 取 「レッカー車による引取(無料)」

5.支 払 「買取代金の支払い及び税金の還付等」

上記のように、査定からレッカー車による引取、手数料は全て無料ですし、
初めての場合でも、担当者が丁寧かつ迅速に対応してくれますので安心ですね。

また、廃車によって返金される自動車税などについても、
オペレーターに問い合わせたり、

タウ公式サイトでも、あなたの車の返金(還付金)が
いくらになるか、すぐに分かるようになっています。

また、タウの営業時間外で、
急に担当者と連絡を取りたいといった場合でも、

タウでは24時間受付の専用窓口があり、
いつでも廃車買取に精通したオペレーターに相談出来るので安心ですね。

タウの事故車買取について公式サイトを見る⇒

事故車が全損ならタウへ!平均買取額27万円の実績は本物です

いかがでしたでしょうか?

ここまで、お読みいただいたなら、
事故車が全損扱いを受けた場合、ディーラー任せは止め、

事故車買取専門店のタウへ依頼する方が絶対にお得なことや、
経済的な負担も、グッと減らすことが出来ること・・・

そして、ディーラーで事故車のため査定ゼロの車でも高価買取が出来る
その理由や仕組みをご理解いただけたと思いますが、

以上、今までお話してきたとおり、タウの事故車買取は・・・

「買取した事故車を輸出販売するルートを持っている」からこそ、
ディーラーでは到底出来ない高価買取が可能なことが、メリットだと言えますね。

今までお話ししてきたように、事故車の買取を依頼するなら、
「事故車買取シェアNo.1のタウ」です。

査定も無料ですし、売却する際のレッカー車での引取や手数料も全て無料。
これはもう、使わない手はないですね。

タウの事故車買取について公式サイトを見る⇒

もちろん、値段を聞いて納得してから依頼できるので安心ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする