事故車の基準を知り35万得する“最も簡単な売却方法”を完全公開

Pocket

事故を起こし、あなたの車が事故車になってしまった場合、
「事故を起こした車=事故車」と勝手に決め付けていませんか?

実は、事故車扱いとされるには、しっかりとした基準が
定められていても、一般的に知られていないのが現状であるものの、

そのことを知っているか否かで、事故を起こした車の買取額が
大きく変わってくることもあるんです。

しかし、事故を起こした場合、事故車の買取先として、
多くの人が依頼するディーラーでは、

例え、事故車扱いとなる基準に該当していても、
そうでなくても値段が付かないのが現状なんですね。

でも、安心してください。

この記事を最後までご覧いただければ、事故車扱いの基準に関係無く、
最も簡単に高く売れる方法が分かります。

しかし、そうは言っても、ディーラー以外への事故車の売却に
下記のような、一抹の不安を感じてはいませんか?

「事故車の廃車処理をしっかりとしてくれるか不安」

「事故車を買取してくれるってあり得るの?」

このように、私もそうでしたが、ディーラーへ依頼するメリットとして
大きいのは、やはり安心感であると言えるからです。

しかし、その安心感と引き換えに、もし、27万円も損するとしたら、
その考えも変わるのではないでしょうか?

ここでは、事故車の基準を知り35万得する
“最も簡単な売却方法”について、完全公開していますので、

事故車の基準をしっかりと知り、そのうえ、出来る限り
高価で安心して買取して貰える方法を知りたい・・・

そんな、あなたへ、この記事が少しでもお役にたてれば幸いです。
ぜひ、最後まで、お読みくださいね。

「事故車の基準=修復歴ありの車」について知っていますか?

事故車扱いの車とは、正しく言うと、修復歴ありの車を指すのですが、
先にもお話したとおり、その基準が正しく知られていないのが現状です。

と言うのも、多くの人が「修理した車=事故車」という
誤解を持っているからなんですね。

実は、この記事を書いている私も、事故で愛車の三菱アウトランダ―を
廃車にするまで、同じような誤解をしていました。

と言うのも、ディーラーから提示された修理見積が100万以上になり、
修理しても事故車扱いになるため、廃車にすることを勧められたのですが、

その時は、車のフレームまで損傷していたので、事故車扱いになるのは
しょうがないと思ったものの、

私の車が事故車扱いになる基準について聞いたものの、その答えは、
「ここまでの損傷となると事故車扱いになります」という曖昧なもの。

そこで感じたのは、事故車(修復歴ありの車)になり得る基準を
知っているか否かで、得したり損したりするってことなんですね。

私の場合は、事故でボンネットが大きく曲がり、
そのためエアバックが開くほどの損傷を受けたこともあり、

車の骨格部分となるフレームまでダメージを受けたので、
明らかに事故車扱いの基準を満たすことが分かったんですが、

もし、これが仮に、バンパーが破損するくらいの接触で、
エアバックも開かず、フレームにもダメージが無い程度の事故だとしたら、

事故車扱いの基準を満たさないため、修復歴ありの車にはならないのですが、
ディーラーの担当によっては、顧客が事故車の基準に対して無知なことを知ると、

例え、事故車の基準を満たしていない車でも、事故車扱いにされ、
不当な取り扱いを受ける場合もあるので注意が必要になって来ます。

では、ここでは、事故車(修復歴ありの車)となる車の基準について
詳しく見て行きましょう。

事故車(修復歴あり)の基準とは?

事故車(修復歴あり)の基準として、以下の箇所を修理、
交換した履歴がある車は、事故車(修復歴あり)と判断されます。

● フレーム
● クロスメンバー
● フロントインサイドパネル
● ピラー (フロント、センター、リアー)
● ダッシュパネル
● ルーフパネル
● フロアパネル
● トランクフロアパネル
● ラジエターコアサポート (交換のみ)

※より、事故車の定義と基準について知りたい場合は、
日本自動車査定協会の修復歴判断基準をご確認ください。

いかがでしょうか?

実は、事故車の基準に当てはまる車と言うのは、上記のとおり、
私が事故で廃車にしたアウトランダーのように、

もし、損傷を受けると、走行に支障をきたしたり、衝突時の安全性に関わる、
フレームなどの個所を損傷し修理した車のみが該当するわけなんですね。

そのため、本来なら、事故車の基準に該当するかしないかで、
その買取額が変わって来てもいいはずなのですが、

ディーラーでは、事故を起こした車ということだけで、
一概に事故車の基準を満たした車として査定されることあり、

そのため、修理すれば、まだ使用出来るような車でも、
下取りに出した場合、値段が付かないのが現状なんですね。

よって、今までお話してきたような理由から、事故車の買取だけは、
ディーラーに依頼しない方がいいってことをお伝えしたかったのです。

では、ここからは、この記事の本題となる、
事故車の基準を知り27万得する“最も簡単な売却方法”についてお話しますね。

事故車の基準を満たした車でも値段が付く!最も簡単な売却方法とは?

ここまでは、事故車扱いとなる基準を満たした車でも、
また、逆に、そうでない車であっても、

ディーラーへ下取りとして売却する場合、同じ事故車として
取り扱われる場合が多いため、絶対に依頼しない方がいいとお話してきましたが、

それじゃ「どこへ事故車扱いの車の売却を依頼すればお得なの?」
という話になりますよね。

私の場合も、先にお話したとおり、事故で愛車のアウトランダーを
処分するまで、ディーラー以外へ売却する方法を知らなかったので、

修理代が100万以上かかることから廃車を勧められ、
また、その査定がゼロで、廃車手数料が別途掛かると言われても、

「事故車は値段が付かないものだからしょうがない」と
諦めつつも、何となく漠然としないものを感じていました。

なぜなら、事故車で廃車となり、スクラップされるとしても、
車として様々な部品や、また鉄屑としての価値が残るわけであり、

そこで思いだしたのが、ネットの広告で見たことがある、
事故車買取専門店の存在だったんですね。

確かに、その存在は知っていたものの、
心のどこかで自分には関係のないものと思っていましたし、

また「事故車に値段が付くわけない」という固定観念もあったので、
そんな上手い話しがあるわけないと感じていたのも事実です。

でも、自分の車が事故により査定ゼロになってしまった今、
そんなことも言ってられず、まずは、ネットから申し込んでみたのですが、

すぐに、事故車買取専門店のオペレーターから連絡があり、
何と、40万円で買取してくれることが分かったのです。

最初、この査定額を聞いた時は、ちょっと信じられなかったのですが、
事故車買取店なら、事故車の基準を満たすような車でも、

修理すれば使用出来る状態の車であれば、海外へ輸出し販売出来るので、
これだけの値段で買取れるって言うんですね。

また、レッカー車による移動やその手配だけじゃなく、ディーラーで
数万かかると言われた廃車手続きに関する代行費用も完全無料。

しかも、ディーラーでは普通行われない、自動車税等の
還付まで受けられるので、40万円以上が戻って来ることが分かったんです。

そこで、早速、事故車のアウトランダーの買取を依頼したのですが、
もし、廃車買取店のCMを思い出さなかったことを考えると、

また、同じ、アウトランダーに乗換えることも出来なかったでしょうし、
40万円以上も損していたかも知れません。

本当に、廃車買取店を知っているか否かで、天と地の差ですよね。

では、なぜ、ディーラーで事故車のため廃車扱いされ、査定ゼロの
アウトランダーに40万もの買取額が付いたのでしょうか。

その理由を、廃車買取店の担当者に聞いてみたのですが、

その答えのヒントは、オペレーターの方が話していた
「海外へ輸出販売する」と話していたこと。

その話を聞いた時は、イマイチ理解できていなかったのですが、
何と、海外では、事故車への需要がとても高いってことなんです。

そのため、廃車買取店では、日本国内では需要が無い事故車でも、
海外へ輸出販売出来るルートを持っているため高価買取出来るだけじゃなく、

事故車の程度によっては、スクラップにするしかない場合でも、
残った部品をリユースするといったノウハウがあるため、

ディーラーのように、事故車の基準を満たしていても、
また、満たしていなくても廃車しかないと決めつけるのではなく、

買取った事故車それぞれの最大限の価値を見出だし値段を付けてくれるので、
ディーラーでは到底無理な値段で買取してくれるわけなんですね。

しかし、ディーラーでは、今まで乗ってきた車の買換えのため、
その車を下取り、中古車として販売する体制は出来ているものの、

事故車の場合、事故車買取専門店のように海外へ輸出販売する
ルートを持っていないため、事故車を買取ること自体が出来ないのです。

そのため、私の、事故車のアウトランダーが、ディーラーで
査定ゼロになったのも無理がないという理由が分かりましたし、

また、事故車買取専門店で40万円もの値段が付いた理由も、
ハッキリと分かったわけなんですが、

その、事故車買取店はどこかと言いますと、
「平均買取額35万円・事故車買取シェアNo.1のタウ」なんです。

出典 tau-reuse.com

事故車の基準を満たした車でも値段が付く!最も簡単な売却方法はこれ

ここまでは、事故車の場合、ディーラーへ売却すると、
事故車扱いの基準を満たしていても、知るほど満たさなくても、

事故車を買取り販売するという体制そのものが無いため、
値段を付けて買取ること自体が出来ないばかりか、

そのまま廃車にすることを勧められる場合が多く、
しかも、廃車費用まで請求されてしまいます。

そうなると、例え、保険が下りたとしても、
次の車を買うためには、どうしても経済的な負担が増えてしまい、

場合によっては、廃車にした車よりクラス下の車にしたり、
値段の安い中古車にするなど、妥協の車選びを強いられてしまいます。

しかし、事故車買取のタウへ依頼すれば、海外へ広がる
事故車買取のネットワークを活かした買取が可能であり、

「事故車は値段が付かない」という、今までの常識を覆す
高価買取を可能としているんです。

ここで、あなたに見ていただきたいのが、
タウへ事故車の買取を依頼した、下記の例なのですが・・・

出典 tau-reuse.com

事故車買取のタウへ依頼した場合、買取金額と税金還付の
合計が85万円になりますが、

もし、ディーラーへ依頼したとなると、
何と85万円も損する計算になってしまうんですね。

そのため、事故車買取のタウを知っているか否かで、
あなたの今後のカーライフは、劇的に変ってしまいますし、

そこには、まさに、天と地の差があると言っても
過言ではありませんので、ぜひ、この真実を知って欲しいのです。

タウの事故車買取について公式サイトを見る⇒

事故車の基準を知ると分かる!事故車買取のタウなら僅か20秒で値段が分かります

では、ここから、タウへ事故車の無料査定を依頼する方法について
お話しますが、タウの公式サイトの「事故車無料査定フォーム」から申し込みます。

「事故車無料査定フォーム」に入力する内容はと言いますと・・・

事故車の損傷状態や車種、名前や住所、電話番号といった項目のみ。
しかも、僅か20秒程で無料査定の依頼が出来ますので、

まずは、気軽に、ディーラーの下取り額と、
タウの買取額を比較することをおススメします!

タウの事故車無料査定フォームはコチラから⇒

事故車の基準を知れば知るほど分かる!平均買取額35万円のタウへ依頼しよう

ここまでは、事故車の基準を満たす、満たさないに関わらず、
その買取の依頼先はディーラーではなく、

事故車買取専門店へ依頼した方が有利であるという
お話をしてきましたが、

タウの事故車買取は、ディーラーと全然違い、
事故車へのニーズが高い海外へ輸出販売するルートがあるため、

ディーラーで事故車のため査定ゼロの車でも高価買取が出来る・・・
その理由や仕組みを知っていただければ幸いです。

以上、今までお話してきたとおり、タウの事故車買取は・・・

「事故車の輸出販売のルートを持っている」からこそ、
ディーラーでは不可能な高価買取が得意なことが、メリットだと言えますね。

今までお話ししてきたように、事故車の買取を依頼するなら、
平均買取額35万円・事故車買取シェアNo.1のタウ」です。

査定も無料ですし、売却する際のレッカー車での引取や手数料も全て無料。
これはもう、使わない手はないですね。

タウの事故車買取について公式サイトを見る⇒

もちろん、値段を聞いて納得してから依頼できるので安心ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする