事故車として査定されても減額されない!誰にでも出来る裏技はこれ

Pocket

「事故を起こした車=事故車」
もしかしたら、あなたも、そう思っていませんか?

一般的には、事故を起こしたことのある車は、
全て事故車だと思われですが、

実は、中古車業界には、事故車に該当する車への
厳密な基準が定められており、

それに該当する車のみが、「事故車=修復歴あり」の
車として、中古車として流通されているのです。

となると、今乗っている車から買換えする場合など、
事故の影響で査定が減額されるのではと心配しているのでしたら、

事故車の基準を知ることで、どれくらい査定の減額に
影響が出るのか知っておいた方がいいのですが、

もし、事故車扱いとして査定された車は、
本当に低い査定価格で手放すしかないのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。
もし、心配しているとしたら安心してください。

なぜなら、ディーラー以外に売却すれば、
事故車扱いの車でも、高く買取してくれる方法があるからなんです。

とは言っても、少し不安ですよね・・・

「事故車だから買い叩かれてもしょうがない」

「ディーラー以外に売却することに抵抗がある」

確かに、今まで車の売却というと、下取りとして
全てディーラー任せだとしたら、なおさらかも知れません。

でも、今なら、事故車でも査定が減額されず、
高価で売却出来る方法があることを、ぜひ、知って欲しいですし、

それは、ちょっとした思い切りさえあれば、誰でも出来ることなんです。

ここでは、事故車として査定されても減額されない!
誰にでも出来る裏技について紹介しています。

車を買換えしたいけど、事故車扱いの車として、
査定が減額されることに不安がある・・・

事故車扱いの車でも、査定が出来る限り減額されず、
有利に売却する方法を知りたい。

そんな、あなたのために、この記事が少しでも参考になれば幸いです。
ぜひ、最後まで、お読みくださいね。

事故車として査定が減額される基準について知っていますか?

先にもお話しましたが、一言で事故車と言っても、
その基準についてほとんど理解されてはいません。

「この車は、ドアに傷ついているから事故車だね・・・」

きっと、あなたも、このような話を聞いたことがあるかと
思いますが、これでは、事故車扱いにはなりません。

なぜなら、事故車扱いの車とは、中古車業界では、
正式に言うと、修復歴ありの車を指すのですが、

それは、車のフレーム等、車体の骨格部分が事故などで損傷し、
修復した車をに言うのです。

これだけの事故になると、かつては、修理しても、
タイヤが片減りしたりといった弊害が残ったりしたものですが、

今では、その修復技術も、最近のコンピュータを導入した
修正機器により、ミリ単位までの精度が向上したため、

しっかりと修理さえすれば、
走行に支障をきたしたりということはないものの、

その車を下取りに出したり、売却するとなると、残念ながら、
事故車扱いとして、査定が減額されてしまうのが一般的なのですが、

ディーラーのセールスマンによっては、まれではありますが、
そんな顧客の無知に付け込み、事故車扱いの車で無いのにも関わらず、

傷があるから、凹んでいるからといったといった理由だけで
事故車扱いとして不当に査定額が減額されることも少なからずあるため、

車という自分の財産の価値をしっかりと守るためにも、
事故車扱いとなる基準を知っておくことが大切なんですね。

私の場合も、昨年、自宅のトヨタノアの左前部をガードレールに
接触させてしまうという事故を起こし、修理を依頼しました。

その際、ディーラーの担当から「事故車ですね・・・」と言われ、
私も、事故を起こした車だからしょうがないと思っていたのですが、

もし、そのまま、ディーラーに下取りとして査定に出し、
買換えしていたら、本当に損していたという経験をしましたので、

車を売る側としても、全てディーラー任せずにせず、
事故車扱いになる場合の定義や、

また、事故車扱いになると分かった場合、査定がどれくらい
減額されるかについて、知っておく必要があると言えますね。

では、ここからは、事故車(修復歴ありの車)扱いになる場合と、
査定額が減額される基準にいついて、詳しく見て行きましょう。

事故車(修復歴あり)の基準とは?

事故車扱い(修復歴あり)の車とされる基準は、
以下の箇所を修理、交換した履歴がある車になります。

● フレーム
● クロスメンバー
● フロントインサイドパネル
● ピラー (フロント、センター、リアー)
● ダッシュパネル
● ルーフパネル
● フロアパネル
● トランクフロアパネル
● ラジエターコアサポート (交換のみ)

※より、事故車の定義と基準について知りたい場合は、
日本自動車査定協会の修復歴判断基準をご確認ください。

実際に、事故車扱いの基準になる修理交換箇所を見て
どのように思いましたか?

このように、事故車扱いの基準になるのは、車の骨格部分となる、
損傷によって、走行や安全に支障が出そうな個所のみであり、

そのため、ドアやバンパーといった、損傷しても走行や安全に支障が
無い個所を修理した車は、事故車扱いにはならないんですね。

以上のことから、事故車扱いになる車とは、「車の骨格部分を
事故などで損傷し、修理した車」ということを知っておきましょう。

事故車として査定された場合、どのくらい減額されるのか

では、事故車扱いの車の場合、査定時に減額されるのは
どのくらいになるのでしょうか?

まず、言えることは、新車に近い状態の車の方が、
査定額減額への影響が高いということですね。

その理由は、新車を購入する方の心理として、
せっかく新車を購入するのに、

少しばかり値段が安からと言って、わざわざ事故車扱いの車を
買いたいというニーズがほとんどないからだと言えます。

では、一般的に、中古車として流通され始める、
購入してから2~3年程度の車の場合はどうでしょうか?

その場合でも、残念ながら、事故車扱いの車の査定は、
普通車の場合、通常より30万円~50万円程度の減額、

軽自動車の場合は、20万円程度は減額になることを
覚悟しておくべきですね。

また、絶対にしていけないのは、売却時に
事故車扱いとなる事故歴があることを隠すことです。

なぜなら、売却先は車のプロですので、例え、素人では
目に付かなくても、プロが見ればすぐに分かってしまうものですし、

もし、仮に、事故車扱いの車であったことが、後々発覚した場合、
事後であっても減額請求の対象になりますので、絶対にやってはいけません。

また、そのことが、虚偽の売買契約を
締結したことにもなりますので、十分に注意が必要ですね。

事故車として査定されても減額されない!誰でも出来る裏技とは?

ここまで記事を読んでいただけたなら、事故車扱いとなる基準や、
査定時の減額にどのくらい影響が出るのか・・・

大体のところは、ご理解して貰えたかと思いますが、
では、実際のところ、ディーラーへ査定を依頼するとどうなるのでしょうか?

このことは、私も、この記事の中でも少し触れたのですが、
事故車扱いの車をディーラーへ査定依頼すると、かなり減額されますので、

ハッキリ言って止めた方がいい・・・と、断言できます。

というのも、ディーラーで行われる、新車への買換え時に
今まで乗ってきた車を買取する下取りという仕組みは、

下取りをした車を、そのままディーラーの店舗や、
販売店が持つ、中古車専門の店舗で販売する関係もあり、

そのため、比較的年式も新しく、走行距離が少なめの車などは、
比較的高価で買取してくれますが、

その反面、事故車扱いの車となると、販売会社の方針として、
修復歴がある車を扱わないところもあり、

そうなると、下取りしても、中古車として販売出来ないので、
査定が減額されたり、値段が全く付かないだけじゃなく、

場合によっては、ユーザー負担で廃車にすることを
勧められることもあるので、注意が必要です。

そのため、私が以前所有していたノアも、事故車扱いの車であったため、
下取りとして査定を依頼しても、値段が全く付かなかったばかりか、

年式も古く、買取も出来ないという理由から、
何と、廃車にすることまで勧められたのですが、

「査定ゼロでは、次の車の購入も経済的に厳しい・・・」

そう、思っていた時思い出したのが、
私の知人が、廃車の処分を買取店へ依頼したということ。

その知人へ早速聞いてみたところ、ディーラーで引取を依頼したところ、
結構なお金がかかるばかりか、渋い顔までされたのですが、

事故車の買取専門店へ試しに聞いてみたところ、
何と、廃車に値段が付いたばかりか、引取まで無料だったというんですね。

「ここなら、事故車扱いのノアでも値段が付くかも知れない」
そう思い、知人が依頼した事故車買取専門店へ試しに依頼してみたところ、

何と、30万円で買取してくれることが分かったばかりか、
引取りや事務手続きまで無料でしてくれることになり、

思った以上に値段が付いたので、そのまま買取を依頼したのですが、
そこで思ったのが、事故車扱いの車への査定の減額があまりにも違うこと。

なぜ、事故車買取専門店とディーラーでは、こうも買取額が違うのか、
その理由を、オペレーターの方へ聞いてみたところ、

その主な理由として「買取後の販売ネットワークが全く違うため」
ということなんですね。

なぜなら、事故車買取専門店では、ディーラーと違い、
買取した車を、海外へ輸出販売するネットワークがあると言うんです。

「事故車なんて輸出して売れるの?」と思うかもしれませんが、
実は、海外の国によっては、事故車への高いニーズがあるんですね。

日本では、事故車扱いの車と言うと、査定まで減額され、
価値が無い、縁起が悪いといった理由で敬遠されがちですが、

海外の国によっては、修理してまだまだ使える車である限り
ニーズがあり、しかも、大きなビジネスになっているんです。

今回、事故車買取専門店を利用してみて、事故車扱いの車は
専門店へ依頼するのがベストだということが分かりましたし、

また、私の、事故車扱いとなったノアの査定額が減額となり、
査定ゼロになった理由も、ハッキリと分かったのですが、

その、事故車買取専門店はどこかと言いますと、
廃車買取専門店「ハイシャル」です。

出典 haishall.jp

事故車でも査定が減額されずに値段が付く!最も簡単な売り方とは?

ここまでは、ディーラーでは、事故車扱いの車となると、
その査定額も減額されるばかりか、廃車を勧められる場合もある半面、

事故車買取専門店のハイシャルなら、事故車への需要が高い
海外への販売ネットワークがあるため、高価買取が出来るため、

私の事故車扱いの車であった、ノアの売却の例にも触れながら、
事故車買取店へ売却することへの有利性についてお話してきましたが、

もし、ディーラーへ依頼し、廃車にすることを勧められた場合、
その費用はいくらくらいになるかご存知でしょうか?

その費用は、何と、平均して7~9万円!
査定ゼロどころか、結構大きな負担になってしまうことが分かります。

出典 haishall.jp

しかし、ハイシャルへ依頼すれば、その費用は完全無料!
さらに、自賠責保険料、重量税、自動車税等も戻ってくるので、

出典  haishall.jp

ディーラーなどと比べれば、
このとおり、その差は一目瞭然ですよね!

しかも、ディーラーでは到底出来ない、海外への
販売ネットワークを活かした高価買取までして貰えるなど、

ハイシャルの事故車価買取を知ってしまうと、
もう、ディーラーへ依頼する気にもなりませんよね。

事故車でも査定が減額されず有利に売るならハイシャルの無料査定から!

ここからは、ハイシャルへ、事故車の無料査定を
依頼する方法についてお話ししますが、

その方法は、ハイシャル公式サイトから、買取を依頼をしたい
車の車種や年式といった基本的な情報を入力するだけ・・・

しかも、僅か20秒ほどで申し込めるので、
本当に簡単で便利です。

また、無料査定の申し込み後の流れとしては、下記のように
簡単な4ステップのみ・・・これなら、初めての場合でも便利ですね。

1.ご成約後、車引取りの日程を決定

2.必要書類等の準備

3.車の引取りと書類の受領(最短翌日の引取対応!土日祝も対応!)

4.必要書類到着後、買取代金のお振込と陸運局での書類手続き

しかも、先にもお話ししましたが、引取や手数料も完全無料。
また、引取については、土日や祝日でも対応可能ですし、

また、ハイシャルの営業時間外でも専用の相談窓口を設けており、
いつでも廃車買取に精通したオペレーターへ相談出来るので安心です。

ハイシャルの事故車買取について公式サイトを見る⇒

事故車の査定減額がハイシャルならプラスになる!

ここまでは、ハイシャルがディーラーと違い、
事故車扱いの車でも高価買取が出来る理由についてお話ししてきましたが、

ハイシャルでは、ディーラーと違い、事故車扱いの車だからと言って
そもまま査定を減額したり、廃車にしたりということは行わず、

買取った車それぞれの状態から、いかに高価買取が出来るかを
最大限に考慮したうえで買取額を提示してくれるので、

ディーラーでは到底出来ない、高価買取が可能なんですね。

これらのことから、ハイシャルの事故車買取は、

「事故車買取のネットワークやノウハウが豊富」だからこそ、
ディーラーでは出来ない高価買取が大きなメリットだと言えますね。

今までお話ししてきたように、事故車扱いの車の買取を依頼するなら、
「廃車買取専門店のハイシャル」です。

査定も無料ですし、売却する際のレッカー車での引取や手数料も全て無料。
これはもう、使わない手はないですね。

ハイシャルの事故車買取について公式サイトを見る⇒

もちろん、値段を聞いて納得してから依頼できるので安心ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする