故障車のレッカー移動料金の相場「保険でカバーできないケース」とは

Pocket

車が突然の故障で動かなくなった・・・

不幸にも、こういった事態に遭遇した場合、
真っ先に思い浮かぶのがレッカー車による移動だと思いますが、

一言で故障と言っても、様々なシチュエーションがあり、
それぞれ移動料金が違うのはもちろんのこと、

加入している自動車保険が、全てのレッカー車による移動へ対し、
カバーしてもらえるものではないため、

故障車のレッカー移動料金の相場や、保険でカバーできる
範囲を知っているか否かで、得したり損したりとなるので注意が必要ですね。

この記事では、故障車のレッカー移動料金の相場
「保険でカバーできないケース」について書いていますので、

・車のタイヤがパンクしたり、故障したりしたとき

・車が事故に遭遇し、走行できなくなったとき

・事故で警察が手配したレッカー車で移動したとき

・車検切れ等で、動かせない車や廃車にする車を移動したいとき

といったシチュエーション別に、故障車のレッカー移動料金を抑えたり、
無料にする方法等について詳しく書いていますので、

故障車のレッカー料金を出来るだけ安くしたい・・・
そんなあなたのために、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

ぜひ、最後までお読みくださいね。

故障車のレッカー移動料金の相場「シチュエーション別」

車が突然故障して動かなくなった・・・
そんな場合、まずは、故障車をレッカー車で移動することを考えますよね。

そこで気になるのが、レッカー車による移動料金がいくらかかるのか?
もし、料金が高額だったり、加入している保険でカバーできるの?

と、考えると、ただでさえ焦っている時に、本当に不安になるものですが、
実は、私も最近、故障した車をそのまま廃車にした経験があるんですね。

その、廃車にした車とは、購入してから10年以上が経過し、
走行距離も10万キロを超えたトヨタノア。

休日に自宅から少し離れたショッピングモールで。
買い物を済ませた後、車の戻るとエンジンがかからない・・・

そこで、レッカー車を手配して、ノアを購入したディーラーの
別の店舗へ運ばれることになったのですが、

そのディーラーから提示された修理の見積額が何と30数万円・・・
そのため、思い切って廃車にすることにしたものの、

そのまま、ディーラーへ廃車を依頼すると、
数万円の費用がかかるばかりか、査定もゼロで、がっかり・・・

幸いに、今回の私のケースでは、JAFに加入していたので、
レッカー車による移動料金はかからなかったものの、

もし、他の様々なケースで車が故障し動かなくなった場合、
レッカー車の移動料金や保険でカバーできる範囲はどうなっているのでしょうか?

ここでは、レッカー車による移動料金や保険の適用範囲等について、
シチュエーション別に紹介して行きますね。

車が事故で損傷したり、故障やパンクなどで自走出来ない場合

車が事故に遭い、車体に大きな損傷が発生したり、
故障やパンクなどで自走できる状態でなくなった場合、

また、車の安全に関わる箇所に故障が発生し、運転に支障をきたす場合は、
無理に運転せず、まずは安全優先で、レッカー車を手配すべきですね。

では、車が事故で損傷したり、故障やパンクなどで自走出来ない場合は、
どこへレッカー車の手配をすべきなのでしょうか?

その場合、一般的なのが、JAFか任意保険に付帯している
ロードサービスへ依頼することになるのですが、

では、両者を比較した場合のメリットとデメリットについて
紹介して行きますね。

JAFのロードサービスのメリットとデメリットとは

JAFへ依頼した場合の料金等について、個人会員(入会金1,500円、年会費4,000円)と
非会員の場合、また、一般道と高速道路の違いを比較したのが下記の表です。

※一般道での事故車・故障車を移動する場合

※高速道路での事故車・故障車を移動する場合

JAFのロードサービスは、けん引が無料になる距離が
15Kmと、それほど長距離には対応していないことや、

会員になっていないと、基本料や作業料がかかるため、
非会員の場合、依頼しても料金が割高になる傾向がありますし、

また、非会員の方が、JAFが到着した時点で会員の申込みは出来ないため、
もし、必要な場合は、事前に会員申し込みをしておく必要があります。

しかしながら、保険会社のロードサービスが、あくまでも、
保険対象の車への利用に限定されるのに対し、

JAFのロードサービスでは、運転している車や、同乗している車の全てが
サービス対象となるため、いざという時の安心感が違うというというメリットもあるのです。

以上のことから、JAFのロードサービスは、
様々なシチュエーションで出来て、利用に制限がないのが大きなメリットですね。

自動車保険(任意保険)のロードサービスのメリットとデメリットとは

では、自動車保険のロードサービスの場合は、
どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

自動車保険のロードサービスとは、その多くが、
自動車保険に付帯するサービスであり、無料の場合が多いです。

ただし、保険会社によっては、自動車保険の特約として
ロードサービスを申し込む必要がある場合もあり、注意が必要ですね。

自動車保険のロードサービスの大きなメリットとして言えるのが、
JAFと違い、年会費が不要なことや、レッカー移動の距離制限がほぼないことでしょう。

上記は、大手保険会社の自動車保険に付帯したロードサービスの
レッカー車による移動距離の制限についてですが、

ほぼ各社とも、指定工場までの移動なら距離が無制限のため、
例えば、高速道路上での利用の場合、距離制限があるJAFより有利だと言えます。

しかし、保険会社の中には、レッカー車による移動距離が無制限ではなく、
移動にかかる料金を15万円までといった上限設定や、利用回数を制限している会社もあり、

また、先のもお話ししたとおり、保険会社のロードサービスは、
あくまでも、保険契約した車両に付帯するもののため、

JAFのロードサービスのように、様々な条件で利用出来ないところが、
デメリットだと言えますね。

以上のことから、もし、今加入している自動車保険へ付帯している
ロードサービスの内容を一度確認してみることが大切ですし、

ロードサービスの内容は、レッカー車による移動だけじゃなく、
車が動かなくなったことによる、交通費や宿泊費をカバーするものもあり

各社によって、そのサービス内容も、同じようで微妙に違ったりするので、
あなたのカーライフにピッタリの保険会社はどこになるのか・・・

この機会に、無料の自動車保険一括見積サービスを利用して、
各社の自動車保険補比較し、見直してみるのもいいですね。

警察が手配したレッカー車で移動した場合

事故で車が動かなくなり、路上からすぐに移動する必要があるため、
警察が手配したレッカー車で移動されるケースの場合はどうでしょうか。

警察が手配したレッカー車での移動は、一般的に料金が高いと言われているのですが、
この場合は、事故車を速やかに撤去する関係上、従うしかないケースが多いです。

しかし、自動車保険に加入していれば、保険でカバーできますので、
移動にかかった費用の領収書を、レッカー会社から必ずもらうことが大切ですね。

車が車検切れや故障のため移動できない場合

自宅にある車が車検切れのため、移動することが出来ない・・・
「そんなケースあるの」って思うかも知れませんが、

暫く車を動かしていない間に車検が切れてしまった、
また、車検が切れているのに気づかなかったという事例も結構あるんですね。

無車検の車で公道を走行するということは、道路運送車両法で、
6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科され、

しかも、6点の違反点数が加算されるため、これが、もし、
企業で発覚した場合、社会的失墜に繋がるくらい、重大なことですし、

また、同じようなケースとして、自宅にずっと放置していた車が、
経年劣化等で動かなくなり、廃車にして処分したいというケースもあると思います。

そんな場合、車を自分で運転することが出来ないため、
ディーラーや整備工場へ、車を運ぶことになるのですが、

自宅にある車を運ぶということは、路上で発生した車の事故やトラブルではないため、
保険会社やJAFのロードサービスの対象外になるので注意が必要ですし、

車検切れの車というのは、レッカー車でけん引すること自体、
道路運送車両法違反になってしまうため、積載車での移動となってしまいます。

そこで、もし、車検切れの車を廃車にしようとなった場合、
普通なら、ディーラーや修理工場へ依頼しようと考えるかもしれませんが、

ディーラーや修理工場の場合、車の移動費や廃車費用を合わせると、
数万円もの費用がかかることもあり、出来れば、廃車費用は安く抑えたいですよね。

でも、安心してください。
実は、廃車費用を全く無料にする方法があるんです。

故障車のレッカー移動料金以外に廃車費用も無料にする裏技とは

「保険会社やJAFのロードサービスによる移動料金だけじゃなく、
廃車費用まで完全無料にする裏技・・・そんな上手い話し何てあるの?」って思いますよね。

そこで、紹介するのが、廃車買取専門業者を利用する方法なのですが、
私が実際に依頼し、おすすめしたいのが、業界大手として有名なハイシャルです。

出典 haishall.jp

なぜなら、ハイシャルへ廃車の引取を依頼すれば、
ディーラーや中古車販売店だと廃車費用が7~8万円かかるところ、

出典 haishall.jp

ハイシャルなら、廃車引取り費用から廃車手続きまで完全無料ですし、
ディーラーでは普通行っていない、自動車税の還付まで受けられることや、

ハイシャ

出典 haishall.jp

しかも、ディーラーで廃車扱いのため値段がつかない場合でも、
予想以上の値段で買取りまでしてくれるので、

出典 haishall.jp

ディーラーで廃車にすると、査定ゼロどころかマイナスになる車が、
ハイシャルへ依頼すれば、プラスになるわけなんです。

実際、私の廃車にしたノアも、ハイシャルへ買取を依頼したところ、
20万円で引取してもらえただけじゃなく、

自動車税等の還付まで受けられたので、
実際のところ、ディーラーより20数万円も得したことになったんですね。

とは言っても、普通なら、ディーラーへ廃車を依頼するほうが、
お金がかかっても、確実だと思うかも知れません。

しかし、ハイシャルの廃車買取を知っているか否かで、
次に購入する車の予算やグレードまで決まってしまう・・・

そう思うと、廃車の手続きをディーラーへ依頼する気にもなれませんし、
ぜひ、こういった方法もあることを知って欲しいのです。

ハイシャルの無料査定は僅か20秒で買取額が分かる!

ここからは、ハイシャルへ、廃車の無料査定を
依頼する方法についてお話ししますが、

その方法は、ハイシャル公式サイトから、買取を依頼をしたい
車の車種や年式といった基本的な情報を入力するだけ・・・

出典 haishall.jp

しかも、僅か20秒ほどで申し込めるので、
本当に簡単で便利です。

また、無料査定の申し込み後の流れとしては、下記のように
簡単な4ステップのみ・・・これなら、初めての場合でも便利ですね。

1.ご成約後、車引取りの日程を決定

2.必要書類等の準備

3.車の引取りと書類の受領(最短翌日の引取対応!土日祝も対応!)

4.必要書類到着後、買取代金のお振込と陸運局での書類手続き

しかも、先にもお話ししましたが、引取や手数料も完全無料。
また、引取については、土日や祝日でも対応可能ですし、

また、ハイシャルの営業時間外でも専用の相談窓口を設けており、
いつでも廃車買取に精通したオペレーターへ相談出来るので安心です。

ハイシャルの廃車買取について公式サイトを見る⇒

以上のことから、ハイシャルへ廃車の買取を
依頼することによるメリットは・・・

1.事故・故障・水没・不動・廃車予定といったどんな車でも0円以上買取保証

2.事故車や不動車でも引取・レッカー代が完全無料

3.独自の海外販売ネットワークにより廃車高価買取が可能

といったことが挙げられますので、廃車の買取は、
ディーラーではなくハイシャルへ依頼しましょう!

⇒ハイシャルの廃車買取について公式サイトを見る

もちろん、値段を聞いて納得してから依頼できるので安心ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする