廃車に関わる手数料が一切無料!今、業界で1番人気の廃車買取専門業者はこれ
廃車に関わる手数料が一切無料!今、業界で1番人気の廃車買取専門業者はこれ

2018年度のご相談実績は54,000件を突破!

 

走行距離10万キロ以上でも、動かなくても、事故車でも、どんな車でも高価買取保証。
「女性や年配の方にも安心してご利用頂ける。」がコンセプト!

 

廃車がお金になる!ディーラーで査定ゼロの車でも高価買取可!

理想の廃車買取ならハイシャルへ

 

まずは僅か20秒で依頼出来る無料査定から!!
↓↓↓公式サイトはコチラをタップ↓↓↓

中古車の死亡事故車って本当にアリ?ガチで知っておくべき見分け方とは

Pocket

中古車を探しで、事故車はもちろん避けたいけど、
その車が、もし、死亡事故を起こした車だったらどうしよう・・・。

こんな時、あなたならどのような行動を取りますか?

もし、あなたが、中古車選びを間違えてしまうと、
最悪、死亡事故を起こした車を掴まされてしまう…なんてことも。

特に、初めて中古車を探す場合など、
余計に不安になってしまいますよね。

そんな、不安だらけの中古車選びも、
簡単に解決出来る方法があります。

今や、事故車の中でも、死亡事故車が流通しているなんて滅多にありませんが、
『もしも』のときのために、高品質中古車を探す正しいアクションをお伝えしていきます。

自分の目で、高品質な中古車を探す簡単な方法について、
しっかり予習していきましょう。

中古車で死亡事故車は今でも存在する!知らないと悪質業者に騙されかねない!?

これは、中古車を初めて購入しようと思った時の話ですが、

販売店からすすめられるまま、また、車の外観だけで判断してしまうと、
事故車の中古車を掴まされてしまう可能性があります。

そして最悪の場合、買った中古車が、実は、死亡事故に関係した事故車だった
という可能性も否定できません。

だから、中古車を購入する際は、事故車を見分ける方法を知るといった
ある程度の知識を持って探すようにしましょう。

そのため、新車を選ぶような感覚で、
車種や値段だけで判断し購入してしまうのは絶対にNGです。

「今時、中古車で、しかも死亡事故車が流通しているなんてあり得ないでしょ」と思って、
販売員のセールストークを鵜呑みにするのは危険なので気をつけてください。

でも、安心してください。

ここからお話しする、誰でも出来る簡単な事故車の見分け方などを
知っておけば、安心して中古車選びが出来ますよ!

中古車の死亡事故車を掴まないために、品質評価書を必ず確認すべし!

中古車の死亡事故車を、悪質な業者から掴ませられないために、
一番簡単に出来ることは、下記のような中古車の「品質評価書」を確認することです。

なぜ、「品質評価書」の確認が大切なのかと言いますと、
車ごとの走行距離や、修復歴などが一発で確認出来るからなんですね。

つまり、「品質評価書」は、人間の健康診断書のようなもの。
よって、車の隅々を見なくても、その車の状態が分かるからなんです。

だから、中古車の購入で欲しい車が見つかったら、まずは、「品質評価書」を
確認すべきなのですが、次のような別問題が発生する可能性もあるんです・・・

「この車は事故歴がないですよ」と言われ、中古車を購入

購入後、ボンネットの色が微妙に違うことが分かり、事故で交換歴があることが判明

中古車店へクレームを入れたところ「ボンネット交換は事故車にならないので、対象に
ならない」と拒否される

見た目と値段だけで選んでしまったことへ後悔・・・

このような感じで、中古車へ対するある程度の知識を持っていないと、
無事故の車だと思っていたのが事故車だったなんてことが起こり得るんです。

よって、こんなことになるくらいなら、もっとお金を出して、
ディーラー保証の中古車を買った方が良かったなんてことになる可能性があるんですね。

しかも、話をさらにややこしくしているのが、中古車業界で事故車扱いとなる基準や定義が、私たちの一般的な認識と違うということです。

私達の感覚からすると「事故を起こしたことがある車が事故車じゃないの」
と思うかも知れませんが、

中古車業界では、事故車扱いになる車を「修復歴有」と呼ばれており、
事故を起こして修理や交換した箇所によって、修復歴の有無が決まるわけなんですね。

だから、「販売店が親切そうだったから」や「値段が安く、程度が良さそうだったから」
といった安易な理由だけでの中古車探しはおすすめ出来ないわけです。

以上のことから、中古車探しの正しいアクションとしては、
「品質評価書」を確認し、車両の状態を良く確認することが正しい対処法となりまが、

では、中古車業界で事故車扱い=修復歴有となる
中古車の基準や定義についてお話しします。

中古車業界で「事故車扱い=修復歴有」になる基準や定義とは

中古車業界では、事故車扱いの車は修復歴有と言いますが、
下記の個所を修理、交換した履歴がある場合が該当します。

① フレーム
② クロスメンバー
③ フロントインサイドパネル
④ ピラー (フロント、センター、リアー)
⑤ダッシュパネル
⑥ ルーフパネル
⑦ フロアパネル
⑧トランクフロアパネル
⑨ ラジエターコアサポート (交換のみ)

※より、事故車の定義と基準について知りたい場合は、
日本自動車査定協会の修復歴判断基準をご確認ください。

上記は、社団法人日本自動車査定協会により定められているものなのですが、
修復歴の有無についての判断基準を大まかにまとめますと・・・

・修復歴有の車 ⇒ 車の骨格部位(フレーム等)が修復されている
・修復歴無の車 ⇒ 車の骨格部位(フレーム等)が修復されていない

となるのですが、より分かりやすくお伝えするために、
人の体に例えてお話しすると、下記のとおりになります。

・骨折している(フレーム等が損傷している)= 修復歴有
・骨折していない程度のけが(フレーム等までの損傷がない)= 修復歴無

このように、例えば、事故でフロント周りが大きく損傷し、
フレームまで修理した車(人でいう骨折)が、修復歴有の事故車となり、

バンパーやドアの交換程度で、フレーム等までの
修理を行っていない車(人でいうケガ程度)が、修復歴無の事故車となるわけで、

中古車店で、死亡事故車を掴ませられないための正しいアクションは、
「品質評価書」を確認し、修復歴の有無を確認することと、

そして、修復歴無の車でも、
他に、修理や部品交換した箇所がないか確認することです。

なぜなら、例えば、修復歴無の車でも、バンパーとボンネット、
フロントガラスの交換歴があることが分かった場合、

「もしかしたら、道路横断中の人を撥ね死亡事故を起こした車かも・・・」
と、推測できるようになるからなんです。

以上、ここまでお読みいただければ、
中古車探しで死亡事故車を避けることが出来るのですが、

実際のところ、いざ、欲しい車を、中古車情報誌やネットから探したり、
休日に、中古車販売店を何件も回るだけで大変なのに、

さらに、修復歴の有無まで調べるとなると、
時間と労力ばかりかかって、本当に大変ですよね。

でも、安心してください。
何と、ネット環境さえあれば、あなたも簡単に高品質の中古車を探す方法がありますよ。

中古車の死亡事故車の見分け方を知り、僅か45秒で修復歴無車を探す裏技テクとは?

事故車の見分け方に対する知識を持たずに中古車探しをすると、
最悪、購入後に、死亡事故車だったことが判明し、

購入した販売店にクレームを入れても、満足に対応してもらえないなど、
地味に面倒な手間もかかってしまうばかりか、

お金の面だけじゃなく、精神面でも大きなショック受け、
後悔しても、しきれないなんてことが起こってしまいます。

しかし、ズバット車販売なら、修復歴のない高品質の中古車が、
ネット環境さえあれば、24時間、何時でも何処でも探せるので、かなりおすすめですよ!

ここで、あなたがすることは、希望の車の条件を
可能な範囲で登録して待つだけ!

何と、たった45秒で出来る入力されたあなたの情報を元に、
車探しのプロから、おすすめの車を提案してもらえる無料のサービスです。

ズバット車販売では、厳選なる審査を通った優良中古車販売店による
高品質の中古車が数多く販売されており、安心して車選びをすることができますし、

また、修復歴有の車でも、修復箇所等について、
きちんと教えてくれる良心的な販売店ばかりのため、車に詳しくなくとも安心・・・

しかも、一般的には出回っていない、非公開車両も沢山登録されており、
最長10年保証、返却OKのプランも選べるところがありがたいですね。

ぜひ、ズバット車販売へ登録して、理想の車を探せば、
高品質の車で安全安心のカーライフを満喫出来るはずです。

いかがでしたか?

今回は、「中古車の死亡事故車って本当にアリ?ガチで知っておくべき見分け方とは」
について紹介して来ました。

これで、あなたの中古車選びの悩みを解決することが出来ます。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ズバット車販売の非公開車両の中から理想の車を見つける

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする