廃車に関わる手数料が一切無料!今、業界で1番人気の廃車買取専門業者はこれ
廃車に関わる手数料が一切無料!今、業界で1番人気の廃車買取専門業者はこれ

2018年度のご相談実績は54,000件を突破!

 

走行距離10万キロ以上でも、動かなくても、事故車でも、どんな車でも高価買取保証。
「女性や年配の方にも安心してご利用頂ける。」がコンセプト!

 

廃車がお金になる!ディーラーで査定ゼロの車でも高価買取可!

理想の廃車買取ならハイシャルへ

 

まずは僅か20秒で依頼出来る無料査定から!!
↓↓↓公式サイトはコチラをタップ↓↓↓

事故車の見分け方とは?知っておくべき「中古車選びの常識」2つの基本

Pocket

新車は高いから、値段が手ごろな中古車を選ぶことに・・・
そんな時、あなたならどのような行動を取りますか?

もし、あなたが、事故車の見分け方や、
中古車選びの常識を知らずに選んでしまうと、

「パッと見キレイだし、値段も手頃」だと思って選んだ中古車が、
実は事故車だったため、購入してから故障が頻発して後悔してしまう…なんてことも。

とは言っても、今は車の修復技術もかなり進化しているため、
特に、初めて中古車を選ぶとなると、迷ってしまいますよね。

そんな、不安の多い中古車選びも、
迷わず解決出来る方法があります。

今では、過去のように粗悪な中古車が市場に流通することは滅多にありませんが、
中古車選びに知っておくべき2つの正しいアクションをお伝えしていきます。

中古車の値段や、販売店の販売員のセールストークばかり鵜呑みにしてしまい、
後々後悔することにならないよう、しっかり予習していきましょう。

事故車の見分け方の基本はセールストークを鵜呑みにしない!後々後悔しかねない!?

これは、欲しい車の値段が予算オーバーのため、
その車種の2~3年落ちの中古車を購入しようと思った時の話ですが、

たまたま訪れた中古車販売店で、偶然にも希望の車を見つけたからといって、
そのまま販売員のセールストークを鵜呑みにして購入してしまうと、

実は、事故車だったため、購入後に故障が頻発したり、
修復箇所の色が違っていたり、塗装が剥がれるといったトラブルに遭う可能性があります。

そして最悪の場合、事故で車体に歪みがあるため、
真っすぐ走らずタイヤが片減りするといった、安全面に支障が出る可能性も否定できません。

だから、中古車を購入する際は、新車を選ぶのと根本的に違うということを
理解しておくようにしましょう。

そのためにも、事故車の見分け方を知らぬまま、
見た目や値段、そして販売員より言われるまま購入してしまうのは絶対NGです。

「どうせ、今時、事故車なんて売っていないでしょ」と思って、
新車を選ぶ感覚で中古車を購入すると、絶対に後悔するので気をつけてください。

でも、安心してください。

この記事を、最後まで読んでいただければ、事故車の見分け方がマスター出来るので、
あなたも安心して中古車選びが出来るようになりますよ!

事故車の見分け方の基本はたったの2つ!マスターしてから中古車を選ぶべし!

ここまでは、初めて中古車を選ぶ前に、
まずは、事故車の見分け方を知ることが大切だとお話しして来ましたが、

なぜ、事故車の見分け方を知っておくべきかと言いますと、
中古車業界で定められている基準や定義が、私達の認識と異なることが多いからなんですね。

つまり、軽い接触事故を起こし、ドアやバンパーを交換した程度の車は、
事故車扱いにはならないってことです。

だから、中古車業界で言う、事故車扱いとなる定義を知っておくべきなのですが、
知らないまま購入すると、次のような別問題が発生する可能性もあるんです・・・

「この車は事故歴もないし、走行距離も少なめですよ」と勧められるまま購入

購入後、運転席側ドアの色が微妙に違うことが分かり、交換歴があることが判明

購入した中古車店へクレームを入れたところ「ドアの交換は事故車扱いにならないので
そんなこと言われても困る」と拒否される

事故車扱いの基準や定義をしらぬまま、見た目と値段だけで選んでしまったことを
後悔・・・

このような感じで、事故車の見分け方を知らずに中古車を購入してしまうと、
後々、後悔してしまうなんてことが起こり得るんです。

車は、例え中古車であったも、数十万円から数百万円もする高い買い物。
だからこそ、新車を選ぶのと違い、慎重になるべきなんですね。

もしかすると「ディーラー系の販売店なら大丈夫じゃないの!?」
と思うかも知れませんが、

実は、ディーラー系の販売店でも、基本的な考えは同じであり、
例えば、ボンネットに飛び石傷が付いて塗装した場合などは事故車扱いにならないんです。

だから、中古車販売店でも、ディーラー系の中古車店でも考え方は同じであり、
販売員から勧められるまま購入するのはオススメしません。

よって、事故車を見分けるための2つのアクションとしては、
これからお話しする内容をマスターすることが正しい対処法となります。

事故車の見分け方①「品質評価書を確認すること」

中古車業界では、「事故車扱い」という言い方はされておらず、
事故による修理の程度によって「修復歴有」か「修復歴無」で区分されています。

よって、先にもお話ししましたが、ドアやバンパーの交換や、
ボンネットに傷が付いて塗装した場合など、事故車扱い=修復歴有にならないってことです。

初めてだと、ちょっとややこしく感じるかも知れませんが、
下記のような「車両品質評価書」を販売店で確認すれば問題ないですね。

上記の「トヨタ86」は、右フロントのインナーパネルに修復歴があるため、
つまり、修復歴有の中古車であることが分かりますし、

また、次の「トヨタクラウン」の場合は、細かい傷程度で、
修復歴無の中古車であることが分かります。

このように「品質評価書」を確認すれば、車ごとの走行距離や、修復歴などが
一目で分かるので、初めてでも安心して車選びが出来るわけです。

ただし、ディーラー系の販売店の場合は、車の買換えで下取した車を
中心に取り扱っている関係上、個人情報の観点から「品質評価書」がない場合があります。

ただ、そのような場合でも、ディーラーで販売された車なら、
その車の修理記録などが残っているので、確認すれば大丈夫です。

事故車の見分け方②中古車業界の「事故車扱い=修復歴有」になる基準や定義を知ること

中古車業界では「事故車扱いの車=修復歴有」となりますが、
その基準や定義として、下記の個所を修理、交換した履歴がある車が該当します。

① フレーム
② クロスメンバー
③ フロントインサイドパネル
④ ピラー (フロント、センター、リアー)
⑤ダッシュパネル
⑥ ルーフパネル
⑦ フロアパネル
⑧トランクフロアパネル
⑨ ラジエターコアサポート (交換のみ)

※より、事故車の定義と基準について知りたい場合は、
日本自動車査定協会の修復歴判断基準をご確認ください。

上記は、社団法人日本自動車査定協会により定められている基準と定義なのですが、
修復歴の有無についての判断基準について大まかにまとめますと・・・

・修復歴有の車 ⇒ 車の骨格部位(フレーム等)を修理している
・修復歴無の車 ⇒ 車の骨格部位(フレーム等)を修理していない

このように、車体の骨格部分を修理しているか否かで判断されるのですが、
このことを、人の体に例えて説明すると、下記のとおりになります。

・骨折しているほど重症のけが(フレーム等が損傷している)= 修復歴有
・骨折していない程度のけが(フレーム等までの損傷がない)= 修復歴無

例えば、事故でフロント周りがボンネットやフェンダーまで変形し、
フレームまでダメージを受け修理した車(人でいう骨折)が、修復歴有となり、

バンパーやドアの交換程度で、フレーム等までの
修理を行っていない車(人でいうケガ程度)が、修復歴無と判断されるわけなんですね。

以上のことから、事故車の見分け方と、
知っておくべき「中古車選びの常識」2つの基本とは、

中古車販売店で、お気に入りの車を見つけたら
まずは冷静になって「品質評価書」を確認し、修復歴の有無を確認することと、

そして、もし、修理した履歴のある車だった場合は、修復の個所や程度により、
修復歴有か、それとも無に該当するのか確認するのが正しいアクションになります。

以上、ここまでお読みいただければ、
中古車を選ぶ際、事故車の見分け方で迷うことはなくなりますが、

いざ、中古車を探すとなると、何件も店舗を回ったりして、
時間や労力ばかりかかり、せっかくの休日が無駄になるだけではありません。

また、希望の車を見つけたとしても、修復歴の有無まで確認するとなると、
さらに地味に面倒な手間もかかってしまいます。

でも、私が、実際に利用した中古車探しの方法なら、
ネット環境さえあれば、24時間いつでも検索できるので、かなりオススメですよ!

中古車の見分け方を知り、僅か45秒で非公開車両が探せる裏技テクとは?

事故車の見分け方を知らずに、新車を選ぶような感覚で中古車を選んだ場合、
購入後に、実は事故車だったことが分かったり、

また、中古車業界で事故車扱いになる場合の判断基準を知らずに、
見た目や値段だけで購入してしまい、

後々、修理箇所が見つかったと販売店にクレームを入れても、
満足に対応してもらえないなど、地味に面倒な手間もかかってしまい、

せっかく楽しいはずの車選びが、後悔ばかりが残る、
何とも、後味の悪いものになりかねません。

しかし、ズバット車販売なら、修復歴無で高品質の中古車が、
ネット環境さえあれば、24時間、何時でも何処でも探せるので、かなりオススメです!

ここで、あなたがすることは、希望の車の条件を
可能な範囲で登録して、後は情報が来るのを待つだけ!

僅か45秒しかかからない入力したデータより、
車探しのプロから、厳選中古車を消化してもらえる無料のサービスです。

ズバット車販売では、厳しい審査をクリアし、厳選された優良中古車販売店のみ
登録されていますので、安心して中古車探しが出来ますし、

また、修復歴有の車でも、修理箇所についてて、
しっかり教えてくれる良心的な販売店ばかりのため、車に詳しくなくとも安心・・・

しかも、ネットや雑誌に一般的には出回っていない、非公開車両も沢山登録されており、
中古車ではあり得ない、最長10年保証、返却OKのプランも選べるところがいいですね。

ぜひ、ズバット車販売へ登録して理想の車を探し、
安全安心のカーライフを満喫してください。

いかがでしたか?

今回は、事故車の見分け方とは?知っておくべき
「中古車選びの常識」2つの基本について紹介して来ました。

これで、あなたの中古車選びの悩みを解決することが出来ます。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ズバット車販売の非公開車両の中から理想の車を見つける

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする