廃車に関わる手数料が一切無料!今、業界で1番人気の廃車買取専門業者はこれ
廃車に関わる手数料が一切無料!今、業界で1番人気の廃車買取専門業者はこれ

2018年度のご相談実績は54,000件を突破!

 

走行距離10万キロ以上でも、動かなくても、事故車でも、どんな車でも高価買取保証。
「女性や年配の方にも安心してご利用頂ける。」がコンセプト!

 

廃車がお金になる!ディーラーで査定ゼロの車でも高価買取可!

理想の廃車買取ならハイシャルへ

 

まずは僅か20秒で依頼出来る無料査定から!!
↓↓↓公式サイトはコチラをタップ↓↓↓

事故車は乗り続けるべきか?「僅か3分で分かる」判断基準まとめ

Pocket

事故車のため、「このまま乗り続けた方がいいんだろうか」
と悩んでいませんか?

実は、この記事で紹介する『事故車は乗り続けるべきか?僅か3分で分かる
判断基準』を見れば、誰でも簡単に決めることが出来るようになります。

なぜなら、僕も実際に実践して、
事故車でも有利な方法で売却することが出来たからです。

この記事では、事故車の損傷の状態から、
乗り続けるべきか、手放すべきかのポイントをご紹介します。

記事を読み終えると、今後、今の車のことで悩むことは一切なく、
安心出来るカーライフを送ることが出来ますよ。

事故車を修理して乗り続けるか・買い替えるかの判断基準とは?

それでは、事故車を修理して乗り続けるか、
それとも買い替えるかの判断はどのような基準を持って判断すべきなのでしょうか?

あなたが、もし車に詳しくない場合でも、
簡単に判断出来る3つのポイントについて解説して行きます。

1.事故車でも修理して乗り続けた方が良いケース

あなたの車が不幸にも事故に遭ってしまった場合、
修理して乗り続けるかどうかの判断基準として着目すべきは『破損個所』です。

なぜなら、中古車業界で「事故車扱い=重複歴有」となる基準は、
一般的なイメージとは異なり、事故を起こした車全てが対象にならないからです。

実際に、事故車でも修復歴有に該当するかどうか確認したところ、
以外にも、中古車として事故車扱いにならないケースが多いことが分かりました。

以下の画像を見てください。

事故車(修復歴有)の判断基準について

① フレーム
② クロスメンバー
③ フロントインサイドパネル
④ ピラー (フロント、センター、リアー)
⑤ダッシュパネル
⑥ ルーフパネル
⑦ フロアパネル
⑧トランクフロアパネル
⑨ ラジエターコアサポート (交換のみ)

※より、事故車の定義と基準について知りたい場合は、
日本自動車査定協会の修復歴判断基準をご確認ください。

上記の図で示すように、ドアやバンパーの修理や交換程度では、
修復歴有に該当しないことや、走行に支障がないため、

そのまま修理して乗り続けても問題がないという判断が出来ます。

2.事故車として買い替えの方が良いケース

事故車として買換えた方が良いと判断する基準として大切なのは、
その車の『年式』と『走行距離』です。

なぜなら、どれだけ高額な車も10年も経過すれば下取り額はほぼゼロ。
そのため、高い修理代を払ってまで乗り続ける理由が見つからないからです。

しかし、このような場合でも、ディーラー任せずにせず、
事故車買取を専門とする業者へ売却すれば、値段がつく可能性があります。

実際に、事故車買取専門業者へ買取を依頼したところ、
値段がついたばかりか、廃車費用まで無料になることが分かりました。

以下の画像を見てください。

上記のように、ディーラーでは値段がつかない事故車だけじゃなく、
年式の古い過走行車を廃車にする場合でも、値段がつくことが分かります。

3.事故車のため安全面で不安が残る場合は買い替えたほうが良い

不幸にも事故車(修復歴有)に該当する場合、
懸念されるのが車の安全性に問題が残ることです。

なぜなら、今の車は事故の際、車体が潰れて衝撃を吸収する構造
(クラッシャブルボディー)となっており、

先に紹介した「事故車(修復歴有)の判断基準について」のとおり、
フレームなど車の骨格部分を損傷した場合、

金属が持つ性質上、元に復元は出来たとしても、
仮に再び事故を起こした場合、衝撃を吸収できない恐れがあるためです。

実際に、事故で歪んだボディを元のとおり正確に修理しても、
残念ながら新車同様の強度が確保出来ないことが分かります。

以下の画像を見てください。

出典:webcg.net

このように、事故などで曲がったフレームを修正しても、
新車同様の「強度」や金属が持つ「粘り」がなくなり、安全性に疑問符が残るのです。

事故車は乗り続けるべきか?判断基準となる3つのポイントまとめ

以上、事故車を乗り続けるべきかどうか、僅か3分で分かる
知っておくべき3つのポイントについて紹介して来ましたが、

まとめますと下記のとおりとなります。

1.事故車でも修理して乗り続けたほうが良いケース
  ドアやバンパーの修理程度なら事故車(修復歴有)に該当しないため、
  修理してそのまま乗り続けた方が良い。

2.事故車として買い替えの方が良いケース
  事故車の年式が古く走行距離も多い場合は、多額な修理費用をかけて直すより
  そのまま廃車にした方が良い。
  ただし、ディーラー任せにせず、事故車買取専門業者へ依頼すべきである。

3.事故車のため安全面で不安が残る場合は買い替えたほうが良い
  今の車は事故の際、車体が潰れて衝撃を吸収する構造(クラッシャブルボディー)
  となっており、事故で歪んだボディを元のとおり正確に修理しても、新車同様の
  強度が確保出来ないため。

いかがでしたか?

この3つのポイントを押さえておけば、
事故車を乗り続けるべきかどうか、僅か3分で判断が可能です。

繰り返しになりますが、事故車を乗り続けるかどうかは、
事故車の「年式」と「走行距離」から判断すること、

そして、フレームといった車の骨格部分を損傷し修復歴有に該当する場合は、
車の安全性に関わることから廃車にすべきであることを知ることです。

そして、さらに事故車の買取額を上げるためには、
複数の事故車買取専門業者へ見積を依頼し比較することが大切なのですが、

下記の「事故車買取専門業者ランキングBEST3」へ依頼すれば、
あなたの事故車の高価買取は確実に成功しますよ!

事故車買取専門業者ランキングBEST3

 廃車買取専門店「ハイシャル」

簡単入力、たったの20秒であなたの車の買取額が分かると評判のハイシャルでは、
廃車の買取り手続きやレッカーの出張廃車引き取り費用など完全無料で安心の全国対応。また、動かない廃車でもハイシャルは0円以上の廃車買取保証します。

2018年度のご相談実績は54,000件を突破。
あなたもハイシャルへ依頼し、廃車の高価買取を実現しましょう!

 廃車手続き・レッカー無料のカーネクスト



カーネクストでは、15年以上前の車・15万Km以上走行の車、車検切れ、故障車や
不動車、事故車など、どんな車も0円以上での買取を保証。廃車費用は一切無料です。

独自の海外販売網やリサイクル販売網を持つカーネクストでは、
古い車や故障した車にも価値を産み出し、全国トップクラスの廃車買取価格を実現!

他店や一括査定で値段がつかなかったり、
処分費用を請求された車にも値段が付いたと評判ですよ。

 廃車・買取なら引き取り・手続き無料の廃車ラボ



廃車引取り・廃車手続き代行・スクラップ費用が全て無料。
さらには自動車税・重量税・自賠責保険の還付まで全てを安心お任せ。
廃車ラボでは、廃車にかかる費用が一切無料!
完全無料で廃車の引取を行っていますので、あなたも一度見積を依頼してみませんか?

事故車でも

事故車でも高価買取を実現したいけど、「どこで、どのように売ればいいんだろう」
と悩んでいませんか?

実は、この記事で紹介する「事故車売却の方法」を実践すると、
誰でも簡単に高価買取を実現できるようになります。

なぜなら、私も実際に実践して、
自宅に居ながら事故車の高価買取を実現することが出来たからです。

この記事では、事故車の高価買取を実現するためのポイント3つ紹介して、
あなたの車の状況別に応じた適切な売却方法をご紹介します。

記事を読み終えると、今後、事故車の売却で悩むことは一切なく、
状況別に応じた適切な売却により高価買取が可能となりますよ!

事故車の高価買取を実現したいなら即実践!3つのポイント

それでは、事故車の高価買取を実現するためには
どういった点に注意すればすればいいのでしょうか?

あなたでも簡単に出来る3つのポイントについて解説して行きます。

1.事故車でも高価買取してもらえることを知ること

事故車の高価買取を成功させたいのであれば、
大切なのは事故車の買取先を見極めることです。

なぜなら、例えば、どれだけディーラーと長い付き合いがあっても、
事故車の買取は専門外のため、

引取はしてくれるけど、ユーザー負担になることがほとんどであり、
結果として、あなたの車の価値がマイナスになってしまうからです。

実際に、事故車の買取をディーラーに依頼したところ、
廃車費用がユーザー負担になることが分かりました。

以下の画像を見てください。

出典 cmgroup-ziko.com

上記のようにディーラーへ事故車の買取を依頼した場合、
廃車費用として4~6万もユーザー負担になることが分かります。

2.事故車の破損状態によって売却先を選択すること

先の「1.事故車でも高価買取してもらえることを知ること」では、
事故車の買取だけはディーラーへ依頼すべきではないと説明しましたが、

実は、中古車業界での基準や定義では、
事故を起こしたことのある車が全て事故車扱いにはならないんですね。

中古車業界では、「事故車扱いになる車=修復歴有」となり、
修復歴有の場合、表示して販売することが義務付けられているのですが、

大切なのは、事故車の破損状況から「修復歴有」に該当するのか、
それとも違うのか、その定義や判断基準を知ることです。

なぜなら、「事故を起こした車だから」という理由から、
そのまま売却してしまうと、結局は損してしまうからなんですね。

実際に、どのような状態の事故車が修復歴有に該当するのかどうか
調べてみたところ、ポイントさえ押さえれば見分けられることが分かりました。

以下の画像を見てください。

事故車(修復歴有)の判断基準について

① フレーム
② クロスメンバー
③ フロントインサイドパネル
④ ピラー (フロント、センター、リアー)
⑤ダッシュパネル
⑥ ルーフパネル
⑦ フロアパネル
⑧トランクフロアパネル
⑨ ラジエターコアサポート (交換のみ)

※より、事故車の定義と基準について知りたい場合は、
日本自動車査定協会の修復歴判断基準をご確認ください。

上記のように、フレームなど車の骨格部分を損傷した場合、
修復歴有の事故車に該当するため、買取は事故車買取の専門業者へ

逆に、修復歴有に該当しない場合は、
ディーラーなどに買取を依頼するといった判断が出来るようになります。

3.事故車を売る際の注意点は2つある

事故車を出来るだけ高く売るために大切なのは、

「事故車となった経緯をしっかりと業者に伝える」ことと、
「売却するまでの管理方法に注意する」という2点に注意が必要です。

なぜなら、事故歴を隠そうとしても相手は車のプロ。
そのため、その場は隠すことが出来てもすぐにバレてしまいますし、

また、その時はバレなくても、
後々トラブルになる可能性もあるからです。

また、「事故車だから・・・」と、
雨ざらしのまましばらく放置するのもNGです。

例え事故車であっても、放置したままでは
さらに腐食が広がったりと車の価値がどんどん下がるからです。

実際に、「事故車になった経緯をしっかり説明する」ことと、
「事故車にカバーをかけて保管していた」ことにより、

買取業者による査定がスムーズに進み、
思った以上の買取額が付きました。

事故車の高価買取をガチで実現したい!3つのポイントまとめ

以上、事故車の高価買取を実現したいなら実践!
知っておくべき3つのポイントについて紹介して来ましたが、

まとめますと下記の3つのとおりとなります。

1 事故車でも高価買取してもらえることを知ること
  ディーラー任せにせず、事故車の買取専門業者へ依頼すれば、
  想像以上の高価で買取りしてもらえることを知っておくべき。

2 事故車の破損状態によって売却先を選択すること
 中古車業界における事故車扱い=修復歴有となる基準と定義を知ることで、
 破損の状況から適切な買取依頼先を判断出来るようになる。

3 事故車を売る際の注意点は2つあることを押さえておく
  「事故車となった経緯をしっかりと業者に伝える」こと、
  また、「売却するまでの管理方法に注意する」という2点に注意すること。

いかがでしたか?

この3つのポイントを押さえておけば、
事故車でも高価買取を実現することが可能です。

繰り返しになりますが、事故車の高価買取を狙うなら、
事故車の状態により「修復歴有」の意味と「適切な買取依頼先」を知ることです。

そして、さらに事故車の買取額を上げるためには、
複数の事故車買取専門業者へ見積を依頼し比較することが大切なのですが、

下記の「事故車買取専門業者ランキングBEST3」へ依頼すれば、
あなたの事故車の高価買取は確実に成功しますよ!

事故車買取専門業者ランキングBEST3

 廃車買取専門店「ハイシャル」

簡単入力、たったの20秒であなたの車の買取額が分かると評判のハイシャルでは、
廃車の買取り手続きやレッカーの出張廃車引き取り費用など完全無料で安心の全国対応。また、動かない廃車でもハイシャルは0円以上の廃車買取保証します。

2018年度のご相談実績は54,000件を突破。
あなたもハイシャルへ依頼し、廃車の高価買取を実現しましょう!

 廃車手続き・レッカー無料のカーネクスト



カーネクストでは、15年以上前の車・15万Km以上走行の車、車検切れ、故障車や
不動車、事故車など、どんな車も0円以上での買取を保証。廃車費用は一切無料です。

独自の海外販売網やリサイクル販売網を持つカーネクストでは、
古い車や故障した車にも価値を産み出し、全国トップクラスの廃車買取価格を実現!

他店や一括査定で値段がつかなかったり、
処分費用を請求された車にも値段が付いたと評判ですよ。

 廃車・買取なら引き取り・手続き無料の廃車ラボ



廃車引取り・廃車手続き代行・スクラップ費用が全て無料。
さらには自動車税・重量税・自賠責保険の還付まで全てを安心お任せ。
廃車ラボでは、廃車にかかる費用が一切無料!
完全無料で廃車の引取を行っていますので、あなたも一度見積を依頼してみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする