廃車に関わる手数料が一切無料!今、業界で1番人気の廃車買取専門業者はこれ
廃車に関わる手数料が一切無料!今、業界で1番人気の廃車買取専門業者はこれ

2018年度のご相談実績は54,000件を突破!

 

走行距離10万キロ以上でも、動かなくても、事故車でも、どんな車でも高価買取保証。
「女性や年配の方にも安心してご利用頂ける。」がコンセプト!

 

廃車がお金になる!ディーラーで査定ゼロの車でも高価買取可!

理想の廃車買取ならハイシャルへ

 

まずは僅か20秒で依頼出来る無料査定から!!
↓↓↓公式サイトはコチラをタップ↓↓↓

事故車の定義を知り修復歴がない中古車を購入する「シンプルな方法」

Pocket

いざ、中古車を購入するとなると、
気になるのが「事故車を販売店から掴ませられないか心配」ということ。

あなたなら、事故車を避けるために
どのような行動を取りますか?

もし、あなたが、事故車扱いとなる定義を知らずに、
中古車店の販売員のセールストークに乗り、言われるままに購入してしまうと、

最悪、事故車を掴まされ、購入後になって頻繁に故障したり、
真っすぐ走らなかったして、後悔してしまう…なんてことも。

とは言っても、車のことはあまり詳しくない場合、
いざ、中古車選びをしようと思っても、迷ってしまいますよね。

そんな、中古車選びも、
事故車を避け、迷わず高品質な簡単に車を簡単に探せる方法があります。

今では、事故車を隠し販売されることは滅多にありませんが、
『もしも』のときのために、中古車購入の正しいアクションをお伝えしていきます。

万が一のために、事故車を買わされ後悔しパニックにならないように、
しっかり予習していきましょう。

事故車の定義を知らないと修復歴ありの中古車を掴まされかねない!?

これは、事故車扱いとなる定義を知らないまま、
中古車を購入しようと思っていた場合の話ですが、

新車を選ぶような感覚で、中古車選びをしてしまうと、
今も昔も修復歴ありの事故車を買わされてしまう可能性があります。

そして最悪の場合、購入後に真っすぐ走らないといったトラブルが頻発し、
「こんな車なら買わない方が良かった」と後悔することになる可能性も否定できません。

だから、中古車選びをする際は、事故車の定義を知り、
修復歴ありの車を掴ませられないよう慎重に探すようにしましょう。

そのためにも、パッと見がキレイだからとか、
販売員に言われるまま中古車を購入してしまうのは絶対にNGです。

「今時、事故車の中古車なんて売っているわけないでしょ」と思って、
事故車の定義を知らずの購入は危険なので気をつけてください。

そのためにも、事故車扱いとなる定義を知っておけば、
修復歴ありの中古車を避け、安心して好きな車を選ぶことが出来ますよ!

事故車扱いとなる定義を多くの人が間違っていることを知るべし!

事故車扱いとなる定義を知れば、
修復歴なしで高品質な中古車を探せるのでおすすめです。

なぜ、事故車扱いとなる定義を知っておくべきなのかと言いますと、
一般的に思われている常識と、中古車者業界で定められている基準が異なるからなんですね。

つまり、事故を起こしたことがある車全てが、
修復歴ありの事故車には当てはまらないということです。

だから、中古車を購入する際は、事故車扱いとなる定義を知っておくべきなのですが、
次のような別問題が発生する可能性もあるんです・・・

中古車を購入するために販売店へ

欲しかった車種を発見!事故歴のない車だと販売員からすすめられるまま契約した…

後々、右ドアに板金痕を発見!

「事故車を買わされた」と販売店へ抗議しても、
修復歴ありの車じゃないと拒否される

事故車かどうかしっかり調べてから購入すればよかったと後悔・・・

このような感じで、事故車扱いとなる定義を知っていないと、
上記の例にように、後々トラブルになってしまうなんてことが起こり得るんです。

そして、中古車と言えども、車は高い買い物であることには間違いなく、
数十万円から、場合によっては数百万円も損した気持ちになってしまうわけなんですね。

もしかすると「ディーラーの中古車なら大丈夫じゃないの!?」
と思うかも知れませんが、

実は、事故車の定義は、中古車販売店でも、
ディーラーの販売店が持つ中古車専門の店舗でも、基本的に同じなんです。

だから、事故車扱いになる定義を知らぬまま、
中古車を探して購入するのはおすすめしません。

以上のことから、正しい中古車探しのアクションとしては、
事故車扱いとなる定義を知り、修復歴なしの個体を探すことが正しい対処法となります。

中古車業界で事故車扱いとなる定義について

中古車業界では、下記の個所を修理や交換した履歴がある場合、
修復歴ありの事故車となります。

① フレーム
② クロスメンバー
③ フロントインサイドパネル
④ ピラー (フロント、センター、リアー)
⑤ダッシュパネル
⑥ ルーフパネル
⑦ フロアパネル
⑧トランクフロアパネル
⑨ ラジエターコアサポート (交換のみ)

※より、事故車の定義と基準について知りたい場合は、
日本自動車査定協会の修復歴判断基準をご確認ください。

事故車扱いとなる定義は、社団法人日本自動車査定協会で決められていますが、
修復歴ありに該当するかどうかの判断基準をまとめますと、

・修復歴ありの車 ⇒ 車の骨格部位(フレーム等)が修復されている
・修復歴なしの車 ⇒ 車の骨格部位(フレーム等)が修復されていない

となり、このことを分かりやすくするため、
例えば、人の体に例えると、下記のとおりとなるんですね。

・骨折している(フレーム等が損傷している)= 修復歴あり
・骨折していない程度のけが(フレーム等までの損傷がない)= 修復歴なし

例えば、事故でフロント周りが大きく壊れ、
フレーム修正した場合(人に例えると骨折)が、修復歴ありとなり、

ドアやバンパーをぶつけて板金塗装や交換した車は、
フレーム修正までには至らない(人でいうケガ程度)ため、修復歴なしとなるため、

中古車店で修復歴ありとして売られている車は、事故歴を示しているのではなく、
フレーム等まで損傷があるかどうかを示しているわけなんですね。

とは言っても、実際に中古車を探しに行って、
気に入った車が修復歴ありの事故車扱いとなるのか

また、修復歴なしで事故車扱いにならない中古車でも、
板金や交換した履歴を確認したい場合、

おすすめなのは、販売店へ、欲しいと思った中古車の
下記のような「品質評価書」を確認させてもらうことですね。

このように、なぜ、品質評価書の確認をすすめるのかと言うと、
下記の例のように、車ごとの状態が一目で確認出来るからなんです。

以上、ここまでお読みになっていただければ、
事故車扱いとなる定義が、私達の一般的な常識と中古車業界では違うことや、

事故車扱いとなる定義や、
修復歴なしの中古車を探す正しい方法はマスター出来たと言えます。

ここまで、お話ししてきたように、事故車へ対する認識が、
一般的な私達の認識と中古車業界では異なることが、分かっていだだけたかと思いますが、

いざ、中古車販売店を何件も回って、希望の車を探すだけでも大変なのに、
さらに、修復歴まで調べるとなると、時間と労力がかかり本当に大変ですよね。

でも、安心してください。
あなたのスマホやパソコンから、簡単に希望する中古車を探す方法がありますよ。

事故車の定義知っていれば、僅か45秒で理想の中古車を探せる裏技テクとは?

事故車の定義を知らずに中古車探しをすると、
後々、実は、修復歴がある車だと分かり後悔したり、

最悪、フレームを修理した修復歴ありの中古車を購入し、
真っすぐ走らないなど、致命的なトラブルが発生したため、

購入した販売店にクレームを入れても、満足に対応してもらえないなど、
地味に面倒な手間もかかってしまいます。

しかし、私が利用したズバット車販売なら、修復歴のない高品質の中古車が、
何件も店舗を回ったりといった面倒もなく探せるので、かなりおすすめですよ!

ここで、あなたがすることは、スマホやパソコンから、
僅か45秒で希望の車の条件を可能な範囲で登録して待つだけ!

それだけで、あなたが入力された情報を元に、
車探しのプロから、もらえる無料のサービスです。

ズバット車販売では、厳選なる審査を通った優良中古車販売店による
高品質の中古車が数多く販売されており、安心して車選びをすることができますし、

また、事故歴がある車の場合でも、修復箇所等について、
きちんと教えてくれる良心的な販売店ばかりのため、車に詳しくなくとも安心・・・

しかも、一般的には出回っていない、非公開車両も沢山登録されており、
最長10年保証、返却OKのプランも選べるところがありがたいですね。

ぜひ、ズバット車販売へ登録して、理想の中古車を探せば、
高品質の車で安全安心のカーライフを満喫出来るはずです。

いかがでしたか?

今回は、【「事故車の見分け方」知らなきゃ損!僅か45秒で出来る裏技テクとは】
について紹介して来ました。

これで、あなたの中古車選びの悩みを解決することが出来ます。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ズバット車販売の非公開車両の中から理想の車を見つける↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする